住宅を売却する時の常識~その1

これまで暮らしていた住宅を売却することになった Aさんは、さて、どうやって売ったらいいのだろう?とインターネットで調べ始めました。

「住宅 売却」と検索窓に打ち込み検索をすると、不動産会社のサイトもあれば、こんなのもあります。
参照 ⇒ 「住宅売却」について書かれた All About(オールアバウト)ガイド記事が一覧で見れるページ

たくさんの記事があって、読むだけで疲れてしまうかもしれません。

住宅の売却のポイントは数えるほどしかありませんので、要点についてお話しします。
まず、いくらで売れるのか?・・・が一番気になるところです。

売れたのはいいけれど、住宅ローンの残高を返してしまうと手元には一切残らない・・・とか、ローンの債務が残ってしまう・・・これでは何の為に売却するの意味が無くなってしまいますので、売却予想価格を計算してもらいます。

これを不動産査定と言います。

不動産会社に頼んだり、不動産鑑定士に頼んだりしますが、不動産会社は無料で査定するところがほとんどです。
査定価格は、1,500万円~1,800万円などと、ある程度の巾があったり、ズバリ・・・1,650万円と価格を特定する場合があります。
不動産鑑定士は、ズバリの金額を出してきます。
しかし、査定価格で必ず売れるというものではありません。あくまでも目安として考え、最低の限界価格・・・絶対に確保したい金額は、ご自分のそろばん勘定で決めておく方がいいと思います。

次に、売却のための行動を起さなければ、誰にも売却物件があることを知ってはもらえません。
電柱に「売家あり」なんて張り紙があるのは、昔よく見た光景ですが、現在は100%・・・不動産会社に売却を依頼します。

不動産会社に売却を依頼することを、売却の媒介依頼と言います。
具体的には、不動産会社と媒介契約を締結して、販売促進・広告宣伝などの活動を不動産会社にやってもらうのですが、媒介契約には3種類のパターンがあります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

の3つです。
どのパターンでも不動産会社に支払う媒介手数料は同じです。

媒介手数料は成功報酬ですので、売却が成立したら支払うのが原則です。
報酬は宅建業法で決っており、400万円を超える売買の場合には、売却金額の3%に6万円を加えた金額、そしてそれに消費税となります。

支払い時期は、契約時に50%を支払い、残代金の受領をして引き渡しを行なう時に残る50%というケースと、引渡しの時に一括して支払うケースがあります。
支払い時期については、不動産会社と協議をして決めます。

次に、先ほどの媒介契約の3パターンの違いについてお話しします。

つづきは次回