住宅を売却する時の常識~その2

住宅の売却を不動産会社に依頼するパターンとしては

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

以上の3つがあるのですが、どのパターンでも、売買が成立した時に支払う手数料は同じです! と前回お話ししました。

3つのパターンは大きく2つに分けることが出来ます。
それは
専任契約一般契約です。

専任契約は、1社に売却を依頼する方法であり、一般契約は複数の不動産会社に依頼することができます。

専任契約のうち 専属専任媒介契約は、依頼した会社に一切を任せることになり、売主さん自身が知り合いや取引先に『私の住宅 買いませんか』といった販売活動は出来ません。
専属で無い場合には、このような売主さん自身が販売活動を行うことは出来ますが、依頼した不動産会社に報告をする義務があり、売主さん自身の活動によって売買が成立した場合でも、仲介手数料の支払いは必要となります。

これに対し一般媒介契約は、自由に売主さんが販売活動をすることも出来ますし、複数の不動産会社に依頼をして、売買を成立させた不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。

一般媒介契約の方が、たくさんの会社に依頼できるため、それだけ購入希望者を早く見つけられそうですが、案外そうでもない事情があります。
住宅の売却を依頼するなら、専属専任媒介契約か専任媒介契約が望ましい理由があります。

一般媒介では不動産会社の動きが悪くなる

不動産仲介会社の収益は仲介手数料で成り立っているのですが、成功報酬ですので“水もの”なわけです。
売買を成立させて始めて報酬が入ってきますので、一生懸命に頑張り、宣伝広告にも力を入れても、他の不動産会社に決められたら、一銭の収入もありません。
頑張ったことがすべて無駄になってしまいます。

無駄になることを知っていながら一生懸命になる人はいません。
単純な理屈です。

これに対し、専任の場合には、売主さんからの仲介手数料は約束されているようなものです、おまけに運よく買主さんも自ら見つけることが出来たら、買主さんからの仲介手数料も入ってきます。
これを両手と言うのですが、両手の可能性があるから専任の場合には、頑張るものなのです。

ここで、一般はたくさんの不動産会社に依頼できるが、専任の場合には1社だけ・・・やっぱり一般の方が有利なのでは・・・と思うところですが、現在は、不動産会社の全国情報ネットが存在し、どこの不動産会社に依頼しても、売り物件情報は全国に行き渡るようになっています。

そんな意味で、一般媒介でも専任媒介でも情報の伝わり方はいっしょです。
それならば、不動産会社が頑張ってくれる専任の方が、売主さんにとっては有利なパターンなのです。

次回は不動産会社を1社に絞るポイントは?
について・・・・・