建築条件付き土地ではないのに

先日すこし変わった質問がありました。
質問内容が変わっているということではなく、そこに書かれていることが不思議な内容だったのです。

土地の売買契約を済ませた方が、その土地を仲介した業者と、今度は住宅の検討に入りました。
プランの検討から見積まですすみ、だいたい案がまとまったので、住宅ローンの本審査申込の直前に、その仲介会社から、商談を断られ土地の売買契約も解除し、売主に対しては融資不承認による解約と説明するというものです。
断ってきた理由は『値引きし過ぎたから』だそうです。

すごく気に入った土地だったので、何とかこの土地に住宅を建てる方法は無いだろうかというのが、質問された方の趣旨なのですが、この経緯を聞いて、非常に不思議に思ったのです。

建築条件が付いた土地では無いようです。
仲介会社が、売主には内緒で勝手に条件を付けて、建築工事の受注をとろうと考えた結果のようです。

まさに『他人のふんどしで相撲を取る』というやり方で、振回された買主さんはいい迷惑です。
このようなやり口で商売をしている不動産会社があるのですね。

建築条件付きの土地の販売については、一定の規制があります。
売買契約書には、停止条件や解除条件が明記されなければならないのですが、もちろんそのような文言は契約書にはどこにも書いてないはずです。

しかし、実質は建築条件付きの契約となっているわけです。
土地の案内時点から、たぶん口約束のような話があって、進んでしまったのだと思います。

買主さんが建築条件を無視して、土地の引渡しを求めることは可能なのですが、単に仲介会社と交渉するだけでは解決しないと思います。

このようなことが不動産取引の現場では行われています。
仲介会社の『甘い言葉』には気をつけてくださいね!

この質問と回答についてはこちら⇒ 契約破棄・・・~一戸建てってどうよ? 09.06.24