団体信用生命保険に加入できなかったら

団体生命保険に加入できずに住宅ローンの審査が承認されないケースがあります。
この相談はその一例ですが
参照 ⇒ 団体信用生命保険~一戸建てってどうよ? 08.05.04

住宅ローンを扱う金融機関の中には、団体信用生命保険の加入を条件としていない商品もあります。
先日、中古住宅を購入された方の本申込に同行しました。

生命保険の告知書に記入する段になって『私、高血圧で薬を飲んでるのですが』とこう話し始めました。
私はビックリ! 『ええっ! ローン通るの?』

すると銀行の担当者が一言
『うちは、団信ダメでも問題ありませんから』

そうなんですか・・・・・

結果は、団信もとおり問題なく生命保険付きの住宅ローンを組むことができたのですが、金融機関によっていろんな商品があるということです。

ただ、生命保険付きではない住宅ローンの場合、万が一の時には住宅ローンの返済が苦しくなることもあるわけですから、セーフティネットは自分で作っておかなければなりません。

健康なうちに、生命保険に加入しておくことは、家族の為にも大切なことです。

病気や事故といった不慮の出来事には、会社の倒産とかリストラだとか、ご主人の仕事に大きな変化が起きて収入が激減することもあります。

そんなことが原因で、せっかく建てたマイホームを手放さなければならないことってあります。
『返済は計画的に』なんて言いますが、計画的に立てたはずなのに、計画通りにいかなくなっちゃった。

返済額の設定は、万が一のことを考えて借家の家賃程度に抑えるのがベストかなと思います。