危険な住宅が増えているという事情

量産される「危ない間取り」という記事が以前のケンプラッツに掲載されていました。

一般の方には分からないと思いますが、建築のプロからみると由々しき事態です。

簡単に言うと、2階の柱の下には1階の柱がないとか、2階の耐力壁のラインと1階の耐力壁のラインがずれているプランを乗りの悪いプランと言うのですが、そんなプランが増えているということです。

記事にもありますが、乗りの悪いプランは地震時の強度や、2階梁の強度に大きな影響を与えるものです。
できるだけ1階と2階の構造区画を一致させながら間取りを考えようとはするのですが、容積率がギリギリであるとか、予算が少なく最小限の面積でプランを成立させなければならない時などは、得てして乗りの悪いプランが生まれます。

そのような事情ばかりかどうか分かりませんが、そんなプランがたくさん作られているということです。

このようなプランは、ハウスメーカーの内部にもいる、素人に近い設計担当者はよく作ります。
技術レベルが低くなっているのか、それ以外の要因でこうなっているのか、はっきりしたことは分かりませんが、相手がプロだと思っていると、とんでもない住宅を作られることになりますから、100%信用してはいけないということです。