ストーブの前の洗濯物に引火

2年前の3月14日のこと、札幌市北区のグループホームで火災があり、入居していた高齢者7人が亡くなる事故がありました。
火元は1階居間の灯油ストーブ周辺です。
警察の実況見分によると、ストーブの周りには衣類やタオルなどの燃えかすがあり、ストーブの近くにあった洗濯物に引火したことが原因のようです。

1か月ほど前ですが、私の顧客からある日電話がありました。
『ボヤを出してしまった、火災保険で修理をするので一度見に来てほしい』とのことでした。

セントラルヒーティングのお宅ですが、補助暖房として数年前にFFストーブを設置しました。

ストーブの前には、洗濯物がおいてあったそうです。
幸い、息子さんが在宅していたので発見が早く、床の一部が焦げたのと壁や天井に煤が付着し、照明器具2灯とロール網戸2か所が熱で変形、ストーブと横に置いてあったテレビが使い物にならなくなりましたが、人命にはまったく被害はなく事なきを得ました。

まもなく冬も終わりですが、まだまだ暖房のお世話になることはつづきます。
くれぐれもストーブ前の洗濯干しには気をつけて下さい。