液状化と地震動低減対策の決定版~スーパージオ工法

免震工法や制振工法など、大きな地震の際の被害を極力少なくしようとする新しい技術が開発され実用化されています。

今日の話題はそんなひとつです。

スーパージオ工法、2008年に実用化され、これまでに700棟以上の施工実績があるというものです。

開発当初は液状化が起こる地盤に建てられた建物の被害を軽減する方法として考えられていたそうですが、2011年の東日本大震災では、スーパージオ工法を採用していた住宅の被害が軽微だったことから、液状化の他、地震の振動を抑える効果もあるのではと、6月に振動実験を行いその効果が確かめられたものです。

工事費用は60万円~90万円ということですので、制振工法と同じくらいだと思います。

開発した「液状化対策軟弱地盤対策推進協議会」では、スーパージオ工法の全国対応を可能にするよう、代理店を開拓している最中ですが、すでに東北から九州まで、相談できる窓口はあるので、これから新築を検討されている方には、一見の価値ありです。