壁のヒビ割れは自分で直す

壁のヒビ割れって気になります。
窓廻りの壁や、入り隅の部分にすき間があいたり、時には斜めに妙なヒビ割れがおきる事が多く、特に新築後1~3年の期間で目立つようになります。

下地に使われている木材が乾燥・収縮することによっておこるのですが、最近の住宅は乾燥材が使用されており、以前よりは少なくなったようですが、引渡し後によく言われるクレームのひとつです。

木材の乾燥具合は「含水率」を調べるのですが、下地に使われる木材の含水率は15~18%が望ましく、それ以上高い含水率の場合には、収縮がおきます。
下地の木材が収縮すると、石膏ボードの継ぎ目が開き、それが壁のヒビ割れとなって、表面に現れてきます。

壁にひび割れが起きると、変形しているのでは・・・と心配する方が多いのですが、こんな理由ですのであまり心配する事はありません。

壁のひび割れ補修には、ボンドコークを使います。水性ですので、乾く前なら、濡らした布やスポンジで簡単に拭き取ることも出来ますから、少々失敗しても安心です。

入り隅のすき間や、ヒビ割れした部分にボンドコークを充填し、ヘラで平に仕上るか、水でぬらしたスポンジで軽くふき取ります。
3~5時間程度で硬化します、硬化したあとはゴム状になりますので、硬化してから、カッターナイフで削ると、剥がすことも出来ますので、気軽にチャレンジして下さい。