10年保証についてちょっと一言~その2

基礎が傾き床が斜めになり、ボールが自然に転がっていく、よく聞く話ですが、この状態を直すには下がった基礎から直さなければならないのですが、たいへん費用がかかります。
10年保証によって補修義務があるハウスメーカーにとっては、喜んで直します・・・・・というものではありません。

そこで、補修の義務があるかどうか、傾いている度合いによって基準を設けて判断しています。
その基準とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年6月23日公布)で定める、住宅紛争処理の参考となるべき技術的基準(平成12年建設省告示第1653号)には、傾斜の度合いが6/1000であれば、『瑕疵とみなされる可能性が高い』ですよと書かれています。

この技術的基準はこちらから見ることが出来ます。
(国土交通省のウェブですが、下の画像のページになりますので、赤いラインの部分をクリックして下さい)

6/1000とは、8帖間の一辺の長さは3.6メートルですから、高いところと低いところで、2.16センチの差があると、欠陥と考えられるということです。
逆に言うと、2.16センチ以内であれば、欠陥ではない・・・・・補修しなくてもよい!
と判断されます。

8帖間で2.16センチですからかなりの傾斜です。これが2.15センチであれば欠陥ではないということになるのです。

法律には2つの側面があります。
消費者保護の側面と、もうひとつは産業の育成です。

6/1000はあまりにも甘い基準です。
ところが、この基準を厳しくすると、技術レベルの低い会社が建てた住宅は、ほとんど欠陥住宅になってしまい、小さい会社だと倒産してしまいます。

そこで『もうこれ以上は我慢できない!』という限界、これを受忍限度と言うのですが、つまり忍耐の限度を高くすることによって、工事会社を守るという側面があるのです。

将来的に、この基準が厳しくなることは無いとは言えないのですが、その為には『3/1000を超えると生活に支障が出る』という事例がたくさん出てこないと、改正はされないかも知れません。

昨年のことですが、とある大手ハウスメーカーで建てた方から相談がありました。
基礎が沈下して傾斜があるのですが、3/1000ぐらいなのです。

毎年少しずつ沈下しており、今のところ沈下は止まっていません。
ハウスメーカーとしては、6/1000以上になると補修しないといけませんが、まだそこまではいってないので、定期的にレベル測定をやっているわけです。

10年保証の期限までは、あと4年ぐらいです。
ハウスメーカーは、こう思っているかも知れません。
6/1000の手前で止まってくれ!

下がった基礎を持ち上げるにはこんな方法があります。
もぐら工法
費用のかかる方法です。
出来れば補修したくない気持ちが分からないわけではありませんが・・・・・
それでいいんでしょうか・・・・・?