工事監理と工事管理

どちらも“コウジカンリ”と読むのですが、監理と管理では意味が違うのです。
今日は、住宅の工事中に行われる“カンリ”についてのお話です。

工事監理とは

設計業務の一環として考えられているのが、工事監理です。

工事監理を行なう人には、建築士の資格が必要となっており、通常は設計者が監理者となっています。
設計事務所に住宅の設計を依頼して、住宅を建てる場合のことを考えていただくとすごく分かりやすいのですが、工事を行う工務店とは独立した立場で、工程や作業内容、仕上がり状態などを確認点検する仕事・・・こんな風に考えて下さい。

工務店とは独立した立場・・・ここが重要なんです。
設計と工事は別である、という考え方にもとづいたもので、設計意図・・・つまり、建主さんや設計者が目的としていることが実現されるように、工事を監督する立場です。

建築基準法でも、工事監理者の設置は義務付けされており、建築確認申請書には必ず“設計者”と“監理者”の氏名と建築士登録番号が記載されるようになっています。

ハウスメーカーで住宅を建てる場合も同じでして、建築確認申請書には“監理者”の氏名が記載されています。

ところが、ハウスメーカーの場合には、ほとんど“監理者”には設計部門のスタッフの名前が記載されています。
立場的には、設計課長とか部長といった、打ち合わせでは一度も顔を合わせたこともない人の氏名が記載されています。

当然なのですが、工事を行う会社とは独立した立場ではありません。
法律的に義務付けがあるから、“監理者”を設置しているというのが実態です。

工事管理とは

工事管理は、法律上の規定がある仕事ではありません。
普通は、工務店やハウスメーカーの工事担当者が行っている、現場管理の仕事を行なうことを指しています。

材料の発注や工事工程・作業手順の指示・確認、実行予算の策定など、工事を円滑に進めるための監督業務が工事管理という仕事なのです。

ハウスメーカーでは、実質的な“監理者”はいませんので、法律上の監理業務を工事管理者が行なっていることもあります。

このように、工事と監理の独立性が見られないことから、最近では、ハウスメーカーで住宅を建てる場合でも、第三者の建築士に依頼をして、工事監理を独立させることを考える建主さんが増えてきています。