古民家に見られる玉石基礎の耐震改修

築100年、200年も経過した古民家というのは、たくさんあります。
私がしばらく宮城県にいた時も、ずいぶんとそのような住宅のリフォーム相談の現場に居合わせました。

玉石基礎は現代の住宅において考えられている耐震性の高い基礎・・・と比較すると、まったく安全性の期待が持てないものと考えられていますが、実はそうでもないのです。

ご存知の方はあまりいないと思いますが、建築界の特殊な分野ではたいへん有名な方がいます。
その方は、今でも玉石基礎の方式を採用した住宅を作っています。

つまり、住宅の土台を基礎に固定せず自由な状態にして、玉石の上に頑強な木造骨組みで造られた住宅を乗っける方が、地震の力を吸収できるという考え方です。
今で言う、免震工法とか制震工法とか言われる考え方です。

そんな考え方で住宅を造っているのが 木下孝一棟梁です。
自身の宣伝などはまったくしない人ですので、当然、ウェブサイトなどはありません。

木下棟梁とはどんな人かを伝えてくれる記事がいくつかウェブ上にあります。
例えば

住宅の骨組みを基礎に完全に固定するのは、転倒防止と骨組みの一体性を基礎にも期待する考え方があるからです。
ところが、どんな強い揺れにも転倒しないバランスと、骨組みの頑強さがあると、必ずしも基礎に固定する必要は無いということが言えます。

この考え方は、現代の建築基準法にはありません。
したがって、木下棟梁の考え方は建築基準法を超えた考え方なのですが、非常に合理的な考え方でもあるわけです。

古民家が200年も300年も経って、現代にまで残っていることが、非常に強い耐久性と耐震性をそなえたものだとも言えるのです。