畳の表替えは2~3年ごとに行います

畳の部屋が無い住宅が増えています。
戸建て住宅もマンションも同様にです。

フローリングには清潔とかクリーンといったイメージがあり、床材としては圧倒的な人気になっていますが、畳はどのようなイメージで捉えられているのでしょう。

「衛生的じゃない」と感じるケースが多いようなのですが、衛生的じゃないと感じる理由のひとつが「ダニ」です。

いかにもダニがたくさんいそうな気になるのが畳ですが、室内には畳以外にもダニにとって住みやすい処はたくさんあります。

  • ソファ
  • ぬいぐるみ
  • ベット
  • ふとん
  • 毛布
  • まくら
  • カーペット
  • ラグマット

これらのモノにたまるハウスダストがダニの格好の住処です。

掃除機をかけてハウスダストを吸い込むことを考えると、ソファや布団の掃除よりは、畳の掃除の方がよほど楽だと思いませんか。
さらに言うと、畳の部屋にはあまりモノを雑然と置かないものです。
そうすると、お掃除ロボットでも簡単に掃除が出来ます。

是非、畳を見直してほしいものです。

畳は2~3年ごとに表面の畳表(ゴザ)を取り替えるものです。

新築時に新しいた畳を敷きますが、2,3年後にまず畳表の裏返しをします。つまり畳表(ゴザ)を裏返して、今まで畳床の面に接していた面を表面にします。それから2,3年後に畳表(ゴザ)そのものを取り替えます。
このサイクルを継続すると、2,3年ごとに表面はすごくきれいな色に変わり、すこしずつ時間をかけて畳表の色が変わっていくのを楽しむことができます。

畳は1600年もつづく日本の文化です。
是非、大事にしてほしいと思います。

リノベーション住宅の危険性

リノベーションについては、私の関連サイトでも警鐘を鳴らしてきましたが、改めて検索ワードで調べてみると、事例がいくつか出てきてます。

例えば

中古住宅購入&リノベーションにありがちな失敗例
ブームの裏で増加している 「リノベーション失敗」物件

リフォーム済の物件は工事の内容が不明なため、原則的にお勧めしていません。
診断を依頼される物件の中にも、時々、そのような物件があります。
壁紙の貼替程度の物件であれば、床下や小屋裏などの点検と床の剛性や傾きなど、大事なポイントの結果、問題なさそうという判断になることもありますが、出来れば、中古住宅は現状のまま購入して、自分でリフォームするのが鉄則です。

リノベーションという言葉がいつ頃から使われるようになったか定かではありませんが、リフォームに関するサイトを作った頃には、まだメジャーな言葉ではなかったような気がします。

リフォーム市場の拡大と新規参入業者の増加に伴い、競争も激化し、差別化の手法として生まれた言葉なのでしょう。
一見、魅力的な響きがありますが、くれぐれもリノベーションされた住宅には気を付けてほしいと思います。

住宅の悩み解決は東洋医学

妙な記事タイトルですが、こんなことを考えてみました。

『咳がでる熱がある・・・・・風邪ですね、風邪薬を出しておきましょう。』
誰でも経験のある病院でのやりとりです。

ところが漢方医に相談をすると
『気虚体質ですね、胃腸が弱っています』
とこうなります。

西洋医学では、出ている症状を緩和する処方をとりますが、東洋医学は原因を探り、原因の除去を図ります。

つまり対処療法と原因療法の違いというのでしょうか?

具体例を出すと・・・窓の周りから雨漏れがしますその時に

  • 窓から雨漏れがするので、窓周りをコーキングしようと考える人
  • 軒天からの吹き込みの可能性があるので、小屋裏を点検しようと考える人
  • こんな違いです。

    どちらが正解かは、現状を正確に把握しないとなんとも言えませんが、後者の方がより原因を発見できる可能性が非常に高いのです。

    人体の構造と仕組みをよく理解し、不具合があったときには原因から探っていくように、住宅の場合も同様に考えなきゃいけないな~と、最近、感じている管理人です。

    古民家に見られる玉石基礎の耐震改修

    築100年、200年も経過した古民家というのは、たくさんあります。
    私がしばらく宮城県にいた時も、ずいぶんとそのような住宅のリフォーム相談の現場に居合わせました。

    玉石基礎は現代の住宅において考えられている耐震性の高い基礎・・・と比較すると、まったく安全性の期待が持てないものと考えられていますが、実はそうでもないのです。

    ご存知の方はあまりいないと思いますが、建築界の特殊な分野ではたいへん有名な方がいます。
    その方は、今でも玉石基礎の方式を採用した住宅を作っています。

    つまり、住宅の土台を基礎に固定せず自由な状態にして、玉石の上に頑強な木造骨組みで造られた住宅を乗っける方が、地震の力を吸収できるという考え方です。
    今で言う、免震工法とか制震工法とか言われる考え方です。

    そんな考え方で住宅を造っているのが 木下孝一棟梁です。
    自身の宣伝などはまったくしない人ですので、当然、ウェブサイトなどはありません。

    木下棟梁とはどんな人かを伝えてくれる記事がいくつかウェブ上にあります。
    例えば

    住宅の骨組みを基礎に完全に固定するのは、転倒防止と骨組みの一体性を基礎にも期待する考え方があるからです。
    ところが、どんな強い揺れにも転倒しないバランスと、骨組みの頑強さがあると、必ずしも基礎に固定する必要は無いということが言えます。

    この考え方は、現代の建築基準法にはありません。
    したがって、木下棟梁の考え方は建築基準法を超えた考え方なのですが、非常に合理的な考え方でもあるわけです。

    古民家が200年も300年も経って、現代にまで残っていることが、非常に強い耐久性と耐震性をそなえたものだとも言えるのです。

    基礎にひび割れが見つかったら

    家の周りを歩いていたら・・・フト 目に付くひび割れ。
    気になります、このままでも大丈夫かしら?

    基礎のひび割れには2種類あって、外側のモルタルがひび割れしている場合と、基礎の本体にひび割れしている場合です。

    モルタルのひび割れは心配ありませんが、基礎の本体がひび割れしていると、そこから雨水が浸入し、内部の鉄筋を錆びさせてしまい、強度が無くなっていきます。

    すごく細い針金などをヒビに差し込んでみて、3センチも入り込むようだと基礎本体のひび割れです。
    これを構造クラックと言いますが、補修が必要となります。
    (3センチ以下でも構造クラックの場合があります)

    直すには、ご自分で行なうことは出来ません。
    また、表面だけにモルタルを塗っても何にもなりません。

    直す方法は、エポキシ樹脂を、圧力をかけながらひび割れ部分に注入していきます。
    1~2日ぐらいで硬化し、コンクリートの一体性を保つようになります。
    もちろん、ひび割れ部分からの雨水の浸入もこれでOKです。

    エポキシ樹脂を注入した部分は、周りと少し色が変わりますので、気になるようだったらモルタルなどでお化粧をします。

    この工事は専門業者でなければ出来ません。

    札幌圏の方には、専門業者をご紹介いたします。
    こちらから、お問合せ内容に『基礎のひび割れ補修』と記入してお問合せ下さい。

    築30年の古家を耐震補強

    耐震補強という言葉はかなり一般的になり、住宅や学校、事業所などでも検討されている時代のキーワードです。
    昔は30年で建替えをするのが常識となっていた住宅ですが、100年・200年住宅などの言葉も出てきて、古いものを活かす そんな考え方が定着してきました。

    以前あった質問ですが
    築30年の耐震補強~一戸建てってどうよ? 08.05.11

    今日は耐震補強についてお話します。

    回答にも書きましたが、住宅部分の骨組みを耐震補強することは、どんなに古い住宅でも可能ですが、基礎の補強がたいへん難しいことです。

    耐震補強は、昭和56年に改正された建築基準法の新耐震基準に適合させることが目的なのですが、クローズアップされるようになったのは、阪神淡路大震災後です。

    阪神淡路では、多くの木造家屋が倒壊しましたが、ツーバイフォー工法の住宅には被害が無かったことから、『ツーバイフォーは地震に強い』といった宣伝文句まで生まれました。

    しかし、倒壊した住宅のほとんどは、無筋コンクリートの基礎であったり、基礎がなく束石による構造だったということもあったのです。
    それだけ、基礎の安全性は大変重要であり、骨組みを耐震補強したからといって、安心はできないのです。

    基礎の補強工事は、住宅を土台部分から持ち上げて、既存の基礎を解体し、新たに基礎を作った上に、持ち上げた住宅を元に戻す方法や、1階の床をすべて解体し既存の基礎に密着するように、新たな基礎を作る方法が考えられます。

    どちらも数百万円の工事費用となりますので、建替えかリフォームするかの目安にして下さい。

    基礎の下に問題があった・・・・・こんなこともあります。
    つまり、地盤の弱いところに杭を打たずに建ててしまい、基礎が沈下してしまった。

    こんな場合も直す方法はあります。
    すごく費用がかかりますが、参考までにもぐら工法をご紹介します。