住まいと暮らしの辞典-あ行

合鍵(あいかぎ)
玄関ドアなどの鍵は3本セットのものが多く、輸入品ドアには4~5本セットのものもある。合鍵を作る場合はホームセンターなどで作れるが、ピッキング防止機能のあるディンプル錠の場合は、シリアル番号を書いたカードが必要であり、ディンプル錠を取り扱っているか確認した方がよい。
上がり框(あがりかまち)
玄関の上がり口のところにあり、土間部分と床の境にある横木。
秋の七草(あきのななくさ)
ハギ、ススキ(オバナ)、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ。
アクリル樹脂(あくりるじゅし)
アクリル酸とフタル酸を重合させた合成樹脂。塗料や建材に使われている。建材としてはアクリル板、塗料としてはアクリルエナメル塗料が一般的。
足場(あしば)
高所作業用の仮設資材。新築工事ではもちろん必要。リフォーム工事の場合は、増築や外壁工事の場合は必要。屋根工事の場合は屋根勾配や、軒先の形状によって必要となる。
網代(あじろ)
スギや竹などをうすく削って編んだ細工。使用例としては網代天井など。
アスベスト(あすべすと)
繊維状鉱物の総称。蛇紋石(じやもんせき)や角閃石(かくせんせき)が繊維状になっているもの。熱・電気の不良導体で,防火・保温,電気の絶縁などに用いていた。吸い込むと肺癌(がん)の原因となるため,現在は使用規制されている。石綿(いしわた)。
東屋(四阿)(あずまや)
庭園に設けた屋根と柱だけで壁の無い建物。寄棟や方形屋根が多い。
圧力釜(あつりょくかま・なべ)
ふたを密閉して内部を高圧にしてたく釜や鍋。
雨漏り(あまもり)
屋根や外壁から雨が漏る状態。原因は屋根葺き材の劣化・破損や、納まりが悪く漏りやすい状態となっている場合もある。雪国では、すが漏りという現象が冬場に起きる。特にスノーダクト屋根といわれる、無落雪屋根では多く見られる。
雨戸(あまど)
雨風を防ぐ為に窓サッシの外側に設ける戸。引き戸やシャッター状のものがある。防犯上、設置する場合もある。北海道ではほとんど使われない。
網戸(あみど)
防虫用の網入り建具。引き戸タイプ、ロールタイプ、プリーツ加工した折りたたみタイプがある。引き戸タイプの張替はDIYで出来る。
洗い晒し(あらいざらし)
洗濯を何回もして色がさめた衣類。
新巻(荒巻き)(あらまき)
甘塩にしたサケ。北海道の名産。鮭のはらわたを抜き、塩をつめて作る。
アルゴンガス(あるごんがす)
ペアガラスの空気層に充填されるガス。乾燥空気より断熱性が高まる。アルゴンは希ガスの一種(希ガス:ヘリウムネオンアルゴン、クリプトン、キセノン、ラドン、の6種類)無色・無臭、不活性。
RC造(あーるしーぞう)
Reinforce Concrete造の略。鉄筋コンクリート造。
アルミサイディング(あるみさいでぃんぐ)
アルミニウム合金製の薄板を成型した外装材。通常は板材の裏に発泡成形された樹脂材が裏打ちされている。
アルミサッシ(あるみさっし)
アルミニウム製の建具。寒冷地ではほとんど使用されていない。
アンカーボルト(あんかーぼると)
基礎と土台を緊結するボルト。木造住宅の場合太さ12ミリのものが普通。間隔は180センチが一般的。

サブコンテンツ

このページの先頭へ