住まいと暮らしの辞典-か行

カーポート
駐車のためのスペース。柱と屋根だけで壁やシャッターがない。
外径(がいけい)
パイプなどの外側の直径。反対語:内径
開墾(かいこん)
山野をたがやして田畑にすること。
概算(がいさん)
大体の計算。使用例:概算見積。
碍子(がいし)
電線をささえるための磁器製や合成樹脂製の器具。
懐石(かいせき)
茶席で茶の前に出す簡単な料理。
会席料理(かいせきりょうり)
本膳料理を簡略にした料理。酒宴の席の料理。
開栓(かいせん)
水道やガスの元の栓を開いて使用できる状態にすること。
回線(かいせん)
電話などの電気の通路。
解体工事(かいたいこうじ)
建物や建物の一部をばらばらにすること。廃棄物の処理に費用がかかるようになった。
開閉器(かいへいき)
電気回路を閉じたり開いたりする器具。
鏡板(かがみいた)
戸や天井に用いる平らな板。
垣根(かきね)
境界を示すための囲い。
架橋ポリエチレン管(かきょうぽりえちれんかん)
ポリエチレン分子を網目状の構造にしたもの。耐久性や耐熱性に優れる。給水・給湯・暖房配管に使用される。ポリブデン管とは異なる。
架空(かくう)
空中に架け渡すこと。使用例:電線の架空配線。
角材(かくざい)
断面が四角な木材。
確認申請(かくにんしんせい)
建築確認申請。建築工事の前に建物の設計内容が法令・規則に準拠しているか、行政庁が確認を行うこと。
掛け軸(かけじく)
床の間にかける書画の軸。
瑕疵(かし)
傷や欠点のこと。使用例:構造上重要な部分の隠れた瑕疵については10年とする。
貸付信託(かしつけしんたく)
信託銀行に金銭を委託し、銀行がそれを運用した利益を受け取る制度。
荷重(かじゅう)
建物に加わる力。
鎹(かすがい)
木材をつなぎ止める両端が曲がった釘。
仮設(かせつ)
短期間の設備。使用例:仮設トイレ、仮設工事、仮設小屋。
型板(かたいた)
成型するために使う、見本の板。
割烹(かっぽう)
和風の食べ物の調理。または調理するところ。
カナテコ
先がまっすぐなバール。
矩計(かなばかり)
建物の各部の高さを詳しく定めた図面。矩計図。
被り厚(かぶりあつ)
コンクリート表面から中の鉄筋表面までの距離。部位によって最低厚さが決められている。
框(かまち)
床や階段の下り口のところに付ける横木。障子などの枠。使用例:上がり框、床框。
鴨居(かもい)
戸や障子を立てる上の横木。対語:敷居。
蚊帳(かや)
寝床に吊り下げて蚊をふせぐ網状のおおい。
茅葺き(かやふき)
カヤ(チガヤ・ススキ・スゲなど)で屋根を葺くこと。
カラーコーディネート
内装や外装の配色をデザインすること。
空練り(からねり)
水を加えずにねること。使用例:空練りモルタル(空モル)
仮換地(かりかんち)
土地区画整理事業の中で、土地の交換が手続き上、終了していない状態のこと。建築は可能。土地区画整理法76条の許可申請が必要。
仮登記(かりとうき)
本登記ではない、仮に行う登記。登記費用は本登記より低額。仮登記がなされると、次の登記をすることができないので、保全措置として行う事が多い。
ガルバリウム鋼板(がりばりうむこうはん)
アルミニウムが55%入った合金製の鋼板。屋根や外壁材として使われる。
ガレージ
車庫。
換気(かんき)
室内の汚れた空気を新鮮な空気と入れ替えること。建築基準法により義務付けされている。
完工(かんこう)
工事完了すること。
カンジキ
足が雪の中に埋まるのを防ぐために履物の下につけるもの。
換地(かんち)
土地区画整理事業で行われる土地の交換。
完了検査(かんりょうけんさ)
工事完了時に行う検査。

サブコンテンツ

このページの先頭へ