住まいと暮らしの辞典-く行

杭(くい)
基礎工法の一種。軟弱地盤の場合に、布基礎やべた基礎にかかった荷重を支持地盤に伝えるもの。
空積料(くうせきりょう)
生コンクリートを購入する場合、ミキサー車の容量に足りない量を注文すると、通常のコンクリート代金にプラスして空積料が費用としてかかる。
躯体(くたい)
建物の骨組。強度にかかわる部分。
管柱(くだばしら)
2階建て以上で、1階の土台から胴差まで、又は胴差から桁までで切れている柱。 反対語:通し柱。 建築基準法では「すみの柱は通し柱としなければならない。ただし接合部を同等以上の耐力を有するように補強した場合は、この限りではない。」としている。最近は金物接合によって行う在来木造構法が主流となっており。通し柱は使われていない。
熊手(くまで)
ものをかき集める竹製の道具。先端が手を広げたようになっている。
クラック
ひび、割れ目、裂け目のこと。髪の毛のように細いものをヘアクラックという。 コンクリート基礎部分に多く見られるが、表面のモルタルのクラックである場合がほとんど。コンクリート躯体にクラックが入った場合は、基礎の沈下などが原因としてある。
庫裡(くり)
寺の台所。住職やその家族の住い。
クリアランス
あるものを取付けるのに寸法の余裕が無いと取付けできない場合にもうけるすきま。
繰り戸(くりど)
戸袋から一枚ずつ繰り出してたてる雨戸。
厨(くりや)
台所
グルニエ
小屋裏部屋。ロフトとも言う。
車寄せ(くるまよせ)
車の乗降用につくった玄関口の張り出し。
クレーム
苦情の申し立て。
黒文字(くろもじ)
つまようじ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ