住まいと暮らしの辞典-さ行

採光面積(さいこうめんせき)
光を採り入れる為の開口部の面積。
最高の軒高(さいこうののきだか)
建物の軒の部分の最高の高さ。
砕石(さいせき)
細かく砕いた岩石。
サイディング
建物の外壁材。耐水・耐侯性がある。
在来工法(ざいらいこうほう)
日本に以前からある建築工法。柱・梁などの線状の骨組によって構造体を組み立てる。 類似語:軸組工法
左官(さかん)
かべ塗りの職人。
下げ振り(さげふり)
垂直の方向を調べるための道具。
座敷(ざしき)
畳をしいた部屋。特に客間。
指物(さしもの)
板を組み合わせて作った道具。たんすなど。 類似語:指物師(たんすなどを作る職人)
更地(さらち)
切り開いただけで手を加えていない土地。
散水栓(さんすいせん)
外に水をまくための水栓。
サンドペーパー
紙やすり。

サブコンテンツ

このページの先頭へ