住まいと暮らしの辞典-も行

モデュール
基準寸法。在来木造工法は1820mm(江戸間、関東間)、1970mm(京間)であったが、最近はメーターモデュール(1めーとるを単位として、1間が2000mm)も使用されている。
母屋(もや)
屋根垂木を受ける横材。
モルタル
砂、セメントを水でねったもの。

サブコンテンツ

このページの先頭へ