[広告]

リノベーション住宅に注意しよう

最近リノベーション住宅という言葉を耳にします。全面リフォーム住宅ではなくリノベーション住宅です。
リノベーションとは、これまでの用途を変えたり、機能を追加したりと、つまり単なるリフォームとは違い、既存の建物を有効利用しながら、大規模な改築工事をやった建物、といった意味なのですが、この言葉が中古住宅にも使われています。
リノベーション住宅や全面リフォーム住宅には、買ってはいけない中古住宅がありますので、お話しします。

中古住宅の建築確認年月日を確認しよう

中古住宅物件資料の中に、建築確認年月日が記載されていたら、必ず確認して下さい。記載されてなければ、建築年月日は記載されているはずです。

  • 建築確認年月日が昭和56年5月以前の物件
  • 建築年月日が昭和56年6月以前の物件
これらは、新耐震基準前の建物ですので要注意です。

問題の無い住宅も中にはあるのですが、ほとんどが、新耐震基準で耐震性をチェックするとアウトになってしまう住宅です。

耐震性が劣っていることを承知で購入する場合は別として、リノベーション住宅や全面リフォーム住宅には、耐震性が問題無いような印象を持たせる表現がされていることがあります。

[広告]

耐震補強工事は最低でも300万円はかかる

新耐震基準でアウトになる場合、耐震補強工事を行うのですが、方法としては既存の外壁を解体し、既存の軸組みに耐震性アップの工事を行います。
具体的には、金物補強を行ったり、構造用合板などの耐震力強化面材を張ります。その上で外壁工事を行いますので、最低でも300万円はかかることになります。

全面リフォームやリノベーション住宅の場合、この他、内装や設備の工事も行うと1,000万円を超えることもあるわけです。

新築同様になっているわりには、妙に安い住宅は要注意!
見かけだけはキレイだが、耐震補強がまったくされていない住宅かもしれません。

リフォーム工事の内容を確認しよう

リノベーション住宅や全面リフォーム住宅の場合は、必ずリフォーム工事の内容を確認しましょう。
工事明細がわかるとなおいいのですが、そこまでは教えてくれないかもしれません。そこで、リフォーム内容を出来るだけ詳しく教えてもらいましょう。
耐震補強を行った場合には、補強を行った部位と方法です。

あいまいな回答しか返ってこない時には、パスする方が無難です。

中古住宅のリフォーム工事は自分でやろう

築年数が新しい物件でも、古い物件でも、リフォーム工事は自分でやりたいものです。
築5年経った住宅はには、5年なりの傷みや汚れがあります。20年経ったものも同様です。
住宅は人間の身体と同じように、時の経過と共に具合の悪いところが多くなってくるものです。

中古住宅では、これらの具合の悪い部分の原因がはっきり分かっていると、安心できるものです。
直す必要があるものか、ほっといても大丈夫なものかは、建築のプロに相談すると、明解に答えが返ってきます。

ところが、全面リフォームされた中古住宅は、過去にどんな不具合があったのかまったく分かりません。
どんなに優れた建築のプロでも、全面リフォームされた中古住宅を見て、買っても大丈夫と聞かれても返答が出来ません。
だから、中古住宅は古いまま、汚れたままを購入してから、建築のプロと相談をしてリフォームすることをお奨めします。

[広告]

よく読まれている記事

このページの先頭へ