[PR]

戸建住宅の修繕費は意外とかかる

30年間で、400万円かかる住まいの修繕費
と言われたらあなたは驚くでしょうか?
決しておおげさに言っているわけではありません。

30年間に修繕費はこんなにかかる

下の図は、30年間にかかる修繕費をグラフにしたものです。
一戸建て住宅の長期修繕計画

10年ごとに行う外部塗装や、消耗品である換気扇など、定期的な交換工事が必要となるものがあります。
使い方や手入れのしかたによって交換時期は変化します。また、仕様によっては金額の増減はありますが、おおよその目安をグラフにしました。

30年間の累計が 375万円、この他に電球の交換や床のワックス掛け、カーテンのリフォームなど、およそ400万円かかることは納得できますね。

[PR]

修繕費を積立しよう

分譲マンションでは、修繕積立金が義務付けされています。およそ月、1万円にはなっています。
一戸建て住宅でも修繕積立金が必要なのです。

400万円を360ヶ月で割ると11,111円となります。11,000円は一戸建て住宅の修繕積立金標準額です。

我が家の長期修繕計画

あなたのマイホームの長期修繕計画を立ててみませんか?
新築した時や、購入した時におおよその交換費用と耐用年数を聞いておくのです。そのデータにもとづいて、簡単にシュミレーション出来るExcelシートを作りました。使い方は極めて簡単。

我が家の長期修繕計画

『我が家の長期修繕計画』に項目と単価を入力し、修繕を行う年数の欄に数字で 1 と入力します。・・・・・すると

我が家の修繕積立金

このようにあっという間に、30年間に必要な修繕費用と、一番ピークとなる時の費用にもとづいた、修繕積立金が算出されます。

我が家の長期修繕計画 Excelシート ダウンロード

長期修繕計画 Excelシートを使ってみようという方は、ダウンロードできます。
下のバナーをクリックしてダウンロード専用ページへ!

[PR]

このページの先頭へ