[PR]

新築同様になるって本当ですか?

新築そっくりさんとかまるで新築くんなどのネーミングが、丸ごとリフォームをする工事が行われています。

丸ごとリフォームは今では、リノベーション住宅などと呼ばれていますが、このようなリフォームの方法を商品化したのは、住友不動産の新築そっくりさんが最初です。
新築そっくりさんと同じようなものが、あとから次々と出てきてリノベーション住宅という考え方が定着しています。
ところが、外見上はどこの会社の方法も同じように見えるのですが、実は大きな違いがあるのです。

耐震改修はまるごとリフォームの必須アイテム

新築そっくりさんには、耐震改修工事が標準仕様で組込まれていますが、その他のまるごとリフォーム商品では、耐震改修はオプションとなっています。この違いは非常に大きな違いです。
新築そっくりさんは、平成7年の阪神淡路大震災の被害状況を見て、耐震性能の重要性に気付いたことがキッカケです。

昭和56年6月1日から施行された新耐震基準、その前に建てられた住宅には、耐震性能が大きく劣る住宅があります。
耐震性能が劣っている住宅は、耐震補強工事(耐震改修)が必要なのですが、方法としては二通りあります。

室内側から行う工事と、外部から耐震補強工事を行う方法の二通りです。
いずれの場合も、壁を解体して骨組みに補強工事を行うわけですから、おおがかりな工事となります。
工事を行う部分が住宅のほとんどになりますので、仕上げ工事もほとんどの部分を行う事になります。ついでに、水回りを新しくしてしまおう! というのが、そもそもの発想なんですね。

つまり、耐震補強工事をやることが大きな目的であって、その結果が新築同様の住まいに生まれ変わっているわけです。

[PR]

耐震改修がオプション工事なの?

ところが、耐震改修工事がオプションになっている丸ごとリフォームを、Web上でよく見かけます。
新耐震基準を満たしている住宅では、耐震補強の必要が無い場合もありますが、耐震チェックは必ずやった方がいいわけです。

昭和56年の建築基準法改正によって新耐震基準が導入されたのですが、阪神淡路大震災後の平成12年に、再度改正が行われています。つまり、平成12年の改正後の住宅は、耐力壁のバランスまでチェックするようになりましたが、それ以前の住宅は、新耐震基準は満たしているが、耐力壁のバランスが悪い住宅・・・というのもあるわけです。

せっかく丸ごとリフォームをやるわけですから、耐力壁バランスまでチェックして、地震に強い住宅に生まれ変わりましょう。

新築の半分で・・・はウソ

丸ごとリフォームやリノベーション住宅は、新築同様・・・・・という言葉だけがひとり歩きしています。
見かけのリニューアルだけではなく、骨組みの耐震性や耐久性を考えて工事内容や会社を選んでください。

新築の半分の金額で・・・・・こんなキャッチフレーズも目に付きます。
実際には、新築住宅の7割ぐらいで納まれば御の字です。中には9割近い金額になることもあります。

リフォーム工事は、どんどん範囲が広がっていくものです。ついでにここもリフォームしちゃおう!と、必ずこうなります。
また、築年数が古いほど、例えば配管や配線、オール電化に対応できない電気の幹線だとか、断熱・気密といった性能が劣っている住宅もあります。

どうせ工事を行うのなら、あれもこれもと増えていくものです。
新築の半分で・・・を真に受けているとあとから予算がオーバーということもあります。お気をつけて・・・・・!

[PR]

このページの先頭へ