[PR]

ハウスメーカーの価格はどうやって決まるの?

ハウスメーカーの住宅価格は、原価+粗利益の合計ですが、それぞれの割合は以下のグラフのようになります。

ハウスメーカーの住宅価格

粗利益が700万円も・・・・・
と驚く人がいるかもしれませんが、このぐらいの粗利益が無いと、ハウスメーカーは経営していけません。

粗利益からは次のようなものが支出されます。

  • 工場設備・機械器具の減価償却費
  • 工場 水道・光熱費
  • 営業・設計・工事管理スタッフ人件費
  • 現場管理交通費・車両費
  • モデルハウス運営費
  • 宣伝広告費
  • 一般管理費
    • 管理スタッフ人件費
    • 交通費・通信費
    • 事務所家賃
    • 事務所 水道・光熱費
    • 賞与準備金
    • 保険代

以上のような費用が支出されて残ったものが、利益となっています。

[PR]

坪単価40万円代~60万円代の違いは

ハウスメーカーによって、坪単価に開きがあります。
どうしてそのような違いが出るのでしょう?

大きく分けると、使う材料・部品のグレードが異なり原価が違う場合と、粗利益率の違いがあります。

1,300万円の原価が10%ダウンし、粗利益率を25%とすると次の表のようになります。

A社 B社
原価 1,300万円 1,170万円
粗利益率 35% 25%
粗利益 700万円 390万円
住宅価格 2,000万円 1,560万円
坪単価 62.5万円 48.75万円
坪数 32坪 32坪

少しパーセンテージを変えただけなのですが、大きく違います。
粗利益の%が少なくても、経費が少なくなっているハウスメーカーは、充分経営をやっていけます。

坪単価には、使っている材料・設備といったグレードの違いと、会社内部の体制によって変わる経費が反映されているわけですが、高いからいいとも言えませんし、安いから悪いとも言えません。
建主さんの予算と、総合的にハウスメーカーを評価した結果、納得のいく価格であると判断できるかどうかです。

[PR]

このページの先頭へ