「 建売住宅購入編 」一覧

建売住宅には2種類ある~覚えておきたい建売住宅を選ぶポイント

建売住宅には2種類ある~覚えておきたい建売住宅を選ぶポイント

分譲住宅とか建売住宅とか、完成した住宅又は工事中の住宅を完成した状態で購入する形式です。見た目は変わらないのですが建売住宅には実は2種類あって、その違いを知っておくと物件の選択の際にはすごく役立つものです。分かりやすく違いを解説しています。

建売住宅の販売に係わる不動産会社の立場は販売代理か媒介か

建売住宅の販売に係わる不動産会社の立場は販売代理か媒介か

建売住宅の販売に係わる不動産会社には3種類あります。売主である場合、販売代理を行う会社、媒介業務を行う会社の3種類です。不動産会社の立場によって、仲介手数料の支払いが必要になったり、手付金の金額によっては手付金の保全措置を取ってもらう必要があったりします。

不動産売買契約で行われる重要事項の説明とは

不動産売買契約で行われる重要事項の説明とは

建売住宅の売買契約の前に「重要事項説明書」に基づいて、宅地建物取引士が重要事項について説明することが法律で定められています。重要事項の中では「住宅ローンが不成立になった場合の契約解除」や、一定期間であれば簡単に契約を解除できる「手付解除」についての説明が特に重要です。