登記

法律

平成に生まれた「土地基本法」は令和に改正され新たな土地の基本理念を定める

平成元年に制定されて30年を経て新時代の幕開けと共に改正される法律があります。 土地の基本理念を定めた「土地基本法」です。 30年間の社会の変化を反映し、令和2年には大改正されることが予想されいます。 バブル経済を...
住宅ローン

共有名義の持分割合の決め方と住宅所得控除の限度額

住宅ローンの利用の一つとして、所得合算によって夫婦が連帯債務者となる形式があります。 この場合は取得する住宅は共有名義とし、持分割合を決めるのですが、一般的には夫婦それぞれの年間所得の比率によって持分を決めることが多いわけですが、...
物件調査

所有権移転の権利行使を阻害する一切の負担の消除とは

所有権移転の権利行使を阻害する抵当権や賃借権等は、不動産の登記簿に記載されるものです。登記簿には「表題部」「権利部(甲区)」「権利部(乙区)」という区分があり、これらの権利行使を阻害する不動産に関する権利の登記は、「甲区」と「乙区」...
登記と税金

地目変更登記が必要になった場合の媒介業者の役割

引渡しまでに地目変更登記を行うことを特約条項に加える場合があります。 建売住宅などの土地と建物を同時に引渡すなどの時、現状の地目が“原野”になっていたり、市街化区域内の農地を売買する為に雑種地に変更するといったケースなどです。 ...