スポンサーリンク

第三者の建築士に監理を依頼する方法~住宅会社に任せきりにしない第三者監理とは

監視

住宅工事でトラブルになる原因のひとつに、住宅施工会社の打合せミスや杜撰な管理が行われているケースがあります。信頼することは大切なことですが、第三者監理という保険を掛ける方法もあります。

住宅づくりにも採り入れたいセカンドオピニオン

医療の世界では、主治医の他にも別の医師に相談や診断をしてもらう、セカンドオピニオンという考え方が生まれてきており、実際にそのようにして病と闘っている方が多くなっています。

住宅を造る時にもそのような方法があると、トラブルはかなり防げるのではと思います。
具体的には、建築士事務所に依頼して、ハウスメーカーやビルダーが行う工事を第三者として監理してもらう方法です。

建築工事における工事監理者について

住宅を建てる時には、建てようとしている住宅が法律の規定に合致しているかどうかを、行政庁や指定確認検査機関に確認申請を行い、設計の内容を確認してもらう必要があります。

建築工事を行う際には建築士が設計をし、工事が設計通りに行われるかを監理する建築士も必要です。
設計を行う建築士と監理を行う建築士は、同一の場合もあれば異なることもあります。それはどちらでもかまいません。

通常、ハウスメーカーなどでは、同じ建築士が設計と監理を行うように書類上は作成しますが、実際には部下の社員が行っています。

第三者監理を別の建築士に依頼する

設計と工事監理を行う建築士は、ハウスメーカーによって決められますが、それとは別に第三者監理を別の建築士に依頼します。そのメリットは

  • 建築主の立場になって工事を点検してもらえる
  • ハウスメーカーの一方的なペースにならないで済む
  • 思わぬトラブルが起きた時に相談に乗ってもらえる

こんなことが考えられます。
特に思わぬトラブルが起きた時に相談相手がいるということは、すごく心強いものです。
ただし、第三者監理については、ハウスメーカーやビルダーは嫌がるかもしれません。そのようなメーカーは敬遠した方がよいかもしれません。

シェアする

フォローする