スポンサーリンク

契約が終わると顔を見せない営業マン

不信感

ハウスメーカーの営業マンとは、建て主にとってはよきアドバイザーであり、頼りになる道案内という存在であってほしいと、すべてのお客様は思っています。ところが・・・こんなはずでは無かったと・・・

営業マンに騙されたと思う建て主の気持ち

契約までは熱心にお客さんのところへ足を運ぶが、契約したとたん、まるで人が変わったように冷たくなる営業マンがいます。こんな営業マンが意外と売れてる営業マンだったりします。
釣った魚には餌をやらない・・・なんて言いますが、こんな営業マンに当たったお客さんは可哀そうです。

営業マンは頼りになるの?

一生に一度か二度の大きな買い物、しかも初めて住宅づくりに挑む方にとっては、なにもかもが分からない事だらけ、道案内役としての営業マンを頼りにするしかありません。

建主はプロデューサーである・・・こんなことを書きましたが、契約が終わる頃までには、プロデューサーとしての知識と意識を持たないと、営業マンが顔を見せなくなると、大きな不安がやがて不満となりそして、『失敗した、騙された!』という気持ちにもなってしまうものです。

営業マンを見抜く洞察力

この営業マンは、最後までしっかりとやってくれるのだろうか?
それを見抜かねばならないのですが、大変難しいことです。
思っていたのと違ってた! こんなことはよくある話で、悔しい思いをすることもあります。

建主さんにとっては一回きりのことで、たった一人しかいない営業マンです。ところが、営業マンにとってはたくさんいる顧客のなかの一人・・・このギャップを理解しておかねばなりません。
面倒見のよい営業マンほど、既客紹介も多く、営業成績は安定していることは事実なのですが、面倒見の悪い営業マンが支店のトップだということもあるのです。

要注意! こんな営業マンは頼りにならない!

  • 自分のペースで話をする営業マン
  • やたら丁寧な対応をする営業マン
  • 何を聞いても『おまかせ下さい』という営業マン
  • 時間にルーズな営業マン
  • プライベートな話をまったくしない営業マン

いろんな住宅の営業マンを見てきましたが、上にあげたような人は要注意です。
契約まで無事に進んだとしても、あとはあまり期待しない方が良いかも知れません。

シェアする

フォローする