新築住宅建設編一覧

建築条件付の土地を購入して注文住宅を建てるのはベターな方法なのか

宅地分譲の販売形態の一つが「建築条件付き宅地分譲」です。宅地開発を行うデベロッパーがハウスメーカーに先行販売し、ハウスメーカーが分譲するという型式が多くあります。一般分譲地よりも割安感があるのですが、住宅プランの検討期間が短くなるなどのデメリットもあります。

設計事務所に新築住宅を依頼するパターン

洗練されたデザインとオンリーワンとも言えるオリジナリティ。建築家が設計する住宅にはハウスメーカーや工務店の設計では見ることの出来ないアートな感覚があります。ただ、そこだけに注目していると、とっても生活のしづらい住まいになることもあります。

工務店に新築住宅を依頼して建てる時の注意点

規模の比較的小さなハウスビルダーを含めた工務店のシェアは40%ぐらいあると言えそうです。大手ハウスメーカーやスーパービルダーがなんとなく目立ち、シェアはかなり占めるのではと思いきや、案外そうではなく、小さな工務店が実は頑張っているのが住宅産業の「人間くさい」ところかもしれません。

ハウスメーカーで新築住宅を建てる時の選び方と注意点

新築住宅を建てるには、ハウスメーカーやハウスビルダーまたは地元の工務店に頼むなど方法があります。大手ハウスメーカーのシェアは3割ぐらいで意外と地元の工務店も活躍していることが分かります。大手だと安心感があるという面があります、中には失敗したと後悔するケースもあります。ハウスメーカーを選ぶ時の注意点を解説しています。