自己破産

自己破産

不動産の共有持分を差押えられると競売になる

住宅を夫婦や親子で共有しているケースは多いものです。共有名義人の片方が自己破産することになり、住宅ローンの残金はまだたくさんあって一括返済が不可能な場合、共有分を買取ることもできず、競売にかけられてしまいます。共有名義の住宅が差押えられた時の対処法を考察しています。
自己破産

自己破産申立てから免責そして復権までの流れ

任意売却の後に残った債務の返済が難しい場合や、住宅ローン以外の負債の負担が多く、生活再建が難しい場合の選択肢として自己破産があります。“破産”という言葉の響きから感じるほど悲惨なものではなく、任意売却後の破産の場合は同時廃止となるので、...
自己破産

破産手続きの前に任意売却で自宅を売っておく方がよい理由

住宅ローン以外にも負債があり、自己破産せざるを得ないケースでは、任意売却で自宅を売る手間が面倒だし、どうせ家は手放すのだから同じことと考える人が多いのですが、破産では“競売”になってしまうことが多く、任意売却を事前に行う場合と比べると大...