瑕疵

中古住宅購入編

中古住宅の瑕疵担保責任と既存住宅売買瑕疵保険の活用方法

新築住宅と同様に中古住宅にも瑕疵担保責任の履行を担保する保険制度があります。 中古住宅市場で販売される物件の中では、まだ少ないですが徐々に保険制度の認識が広まり、今後は既存住宅売買瑕疵保険が適用された物件が多くなると思います。 ...
2019.12.04
重要事項説明

心理的瑕疵の告知義務についてどこまで調べて説明する必要があるのか

事故物件などの心理的瑕疵は契約解除や損害賠償請求を受ける原因になります。物件調査における媒介業者の責任は重く、入念な調査にもとづいた重要事項説明が必要。民法改正により買主の手段が拡大し心理的瑕疵は不動産売買で大きなリスクを抱える可能性が高く...
2019.10.31
中古住宅購入編

中古住宅購入で見落としがちな注意点を一級建築士が徹底解説

中古住宅を購入するときに知っておきたい注意点、知らないばかりに損をしたり欠陥住宅を購入することも。リノベーション住宅と古いままの住宅を購入しリフォームする場合のメリットとデメリットを解説。住宅業界で30年以上の建築士が伝える中古住宅購入マニュアル……
重要事項説明

ホームインスペクションの義務化と今後の課題

宅建業法にもとづく「建物状況調査(インスペクション)」が平成30年4月からスタートし、1年が経過しました。アメリカでは広く実施されているホームインスペクションを、日本でも普及していこうとの試みですが、残念ながら実施率が高まったという声は...
重要事項説明

「旧市街地改造法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

都市の再開発を行うための法律の一つが「市街地改造法」です。昭和36年に成立したかなり古い法律です。すでに廃止されているのですが、一部に現在も有効な部分があります。重要事項説明では、この法律に基づいた市街地改造事業の適用を受けた不動産の取...
欠陥住宅

欠陥住宅の見分け方とホームインスペクションの活用

欠陥住宅とは、住宅が本来備えていなければならない性能や機能が無いか、著しく低下しており、健康的で快適な生活を送ることのできない住宅を言います。 注文住宅、建売住宅、中古住宅、新築分譲マンション、中古マンション、住宅市場にはこのよう...
資産

雨漏れの修繕はどこまで要求できるのか「瑕疵保険」の免責事由を検証してみた

住宅瑕疵担保履行法が成立して10年が経過しました。 2020年には改正民法が施行され、住宅に関わる瑕疵責任についての考え方も若干変化が出て来ます。 住宅で多いと思われる重大な瑕疵である“雨漏れ”に関して、施主や住宅購入者の立場か...