都市

重要事項説明

「住宅地区改良法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

住宅地区改良事業の施行区域では建築等の行為に対し制限があります。不動産取引の対象地が住宅地区改良事業施行区域である場合は、重要事項説明において制限の内容を説明する必要があります。 ここでは住宅地区改良事業の根拠である「住宅地区改良法」...
重要事項説明

「歴史まちづくり法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

日本には歴史上価値のある建物や、その周辺と一体となって形成された良好な市街地の環境があり、そのような歴史的風致の維持向上を図る為に制定されたのが「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(略称:歴史まちづくり法)です。ここでは...
重要事項説明

「密集法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律により、防災街区整備地区計画を定めた地区、及び防災街区整備地区計画の区域内では、土地や建物に関する制限があります。 また、避難経路協定が区域についての説明も必要となりました。 ここで...
2019.05.19
重要事項説明

「都市再開発法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

「市街地再開発事業」の根拠になる法律が「都市再開発法」です。昭和44年制定の法律ですが、規制市街地の再開発や再々開発を行う場合の法律で、現在もこの法律に基づいて再開発を行う自治体もあります。ここでは不動産売買における重要事項説明に際し、...
重要事項説明

「流通業務市街地整備法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

不動産の売買契約前に行う重要事項説明で説明すべき法令として定められている「流通業務市街地整備法」。同法にもとづいて流通業務市街地を整備した地区が全国に43ヶ所あります。該当する都市において、対象となる物件の取引がある場合は、制限の内容を...
重要事項説明

「近畿圏の近郊整備区域及び都市開発区域の整備及び開発に関する法律」についての重要事項

近畿圏を対象として土地の権利に関し制限をする法律が「近畿圏の近郊整備地帯及び都市開発区域の整備に関する法律」です。 この法律による制限の内容は、規定している事業の完了から10年間なので、実際の不動産取引で制限を受ける物件はほとんど無い...
重要事項説明

「首都圏の近郊整備地帯及び都市開発区域の整備に関する法律」に関して説明すべき重要事項について

首都圏を対象として土地の権利に関し制限をする法律が「首都圏の近郊整備地帯及び都市開発区域の整備に関する法律」です。 この法律による制限の内容は、規定している事業の完了から10年間なので、実際の不動産取引で制限を受ける物件はほとんど無い...
重要事項説明

「旧市街地改造法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

都市の再開発を行うための法律の一つが「市街地改造法」です。昭和36年に成立したかなり古い法律です。すでに廃止されているのですが、一部に現在も有効な部分があります。重要事項説明では、この法律に基づいた市街地改造事業の適用を受けた不動産の取...
重要事項説明

「新都市基盤整備法」に関して説明すべき重要事項について

「新都市基盤整備法」は大都市の周辺に新しい都市を整備する目的で、昭和47年に成立した法律です。しかしこの法律によって整備された都市は一つもなく、今後もこの法律に基づく新都市基盤整備事業が実施されるか分かりませんが、念のために「新都市基盤...