安全

安全

燃えやすいと思われる木造建築の防火性を高める方法

火災保険の構造級別ではH構造とされる木造の建物は、最も燃えやすいと評価されますが、材料の組み合わせや工法により燃えにくいと評価される木造建築もあります。海外でも木造建築に対する評価が大きく変わり、耐火性のある高層建築物が実現しています。
2019.04.23
安全

住宅用火災警報器が「eCall」のようなものになると防災効果が上がる

住宅用火災警報器の設置が義務付けされて10年が経過し、交換時期を迎えた現在、もっと効果の高いIoT技術を活用した住宅用火災警報器の開発を期待したいところです。
2019.04.09
安全

平成12年5月以前の新耐震基準木造住宅の危険性を検証する

昭和56年6月以降の木造住宅は“新耐震基準”で建てられていますが、平成12年5月を境にして、5月以前と6月以降とでは、耐震性能に大きな違いがあります。同じ基準で建っているからと安心はできません。もしお住いが昭和56年6月~平成12年5月...
2019.04.08
安全

金属製サイディングの防火性能は表装火災を防げるか

Credit: ロンドンの高層マンション火災のニュースはビックリしました。 大きな被害につながってしまった原因に“表装火災”が指摘されています。 発泡成形された断熱材が裏打ちされたアルミニウム製のパネルが外装材にしようされ...
2018.05.24
安全

基礎断熱に土間コンクリートの住宅は水害に強い家になる

50年に一度とか、これまでに経験したことの無い、などの表現をされる大雨。 日本国中どこでも大雨による洪水や土砂災害に見舞われる可能性があります。 山間部や平野部も関係なく、地方も首都圏も区別がありません。 水害に強い家造りを考...
2018.05.24
安全

シックハウス症候群の思わぬ原因とアルカン類濃度軽減対策

シックハウス症候群が大きな問題となり、建築基準法の改正によりシックハウス対策が始まったのが2003年です。すでに14年が経過し建築物で使用される建材は、ほぼ対策済と言っていいのですが、建材以外が原因となるシックハウス症候群があります...
2018.05.24
安全

通気層を伝わる火炎によって上階に延焼する現象を防止するには

ロンドンの高層マンション火災に関する続報です。 外壁を火炎が燃え広がる原因としてもうひとつ指摘されるのが、外装材の裏側に設けられた“通気層”の存在です。 日本では木造住宅の耐久性を高める為に設ける外壁通気層ですが、外...