欠陥住宅が生まれる背景と住宅産業の構造的欠陥

耐震偽装事件というものがありました。
一級建築士が構造計算を偽造して建築確認を申請し、偽造がチェック出来ずに分譲マンションは完成し、多くの人が購入しました。後に偽造の事実が発覚し大問題となりました。
分譲されたマンションは欠陥マンションです。欠陥建築物は一部の人の意図的であるか偶然性によるものかは別として、人間のミスによって生まれます。
偽造を行なった建築士は、仕事を依頼してきたクライアント(建主)の意向に沿うように仕事をした結果です。何故、そのような仕事をしてしまったのか、理解できないという方がほとんどだと思います。
しかし、競争社会であるビジネスの世界には、騙す! 騙される! という関係が常に起こりうることだとも言えるのです。

このレポートは、木造住宅でおこり得る欠陥住宅の原因をいくつかの面から見ていきます。すべての原因を網羅できるわけではありません。しかし、住宅建設の現場には、まさかそんなことが現実にあるの?・・・・という事例がたくさんあります。
住宅産業は自動車産業とよく比較され、生産システムとしては自動車産業を見習うべきものとして捉えています。しかし、実際の現場においては、前近代的な実態・・・つまり、いくらでもミスが生まれる体制となっています。
この実態を知れば知るほど、自動車産業とは雲泥の差があることを実感しないわけにはいきません。
このレポートを読まれる方にとって、未熟な住宅産業の実態を理解したうえで、欠陥住宅をいかに防ぐかを考える機会になれば幸いと思います。

レポート 【誰も知らない欠陥住宅が生まれるワケ】 は、37ページあります。
下のリンクをクリックして、ダウンロードしてからお読み下さい。
誰も知らない欠陥住宅が生まれるワケ
Windowsの場合には、右クリック「対象をファイルに保存」です。

このページの先頭へ