欠陥住宅

新築住宅建設編

工事監理の必要性と第三者監理が求められる理由

住宅の新築工事に必要な工事監理者。その存在は設計者に比べてあまり知られていません。工事監理者は設計者が兼ねることもあれば、設計者と異なる建築士が務めることもあります。ここでは工事監理者について解説します。
2019.07.17
法律

建築確認制度の限界が見えたレオパレス21の違法建築とあの耐震偽装事件

建築基準法にもとづく現行の“建築確認制度”は法的信頼性が崩壊し、建築許可制度に変更しなければならないのでは、と感じさせるのが今回のレオパレス21の施工不良問題ですが、最早“事件”と言ってもよいレベルになってしまいました。 2005年の...
2019.02.20
欠陥住宅

もしも買った建売住宅が欠陥住宅だったらどうしよう

欠陥住宅は注文住宅ばかりでなく建売住宅にもある可能性があります。 工事管理の方法によっては、注文住宅よりもむしろ多いかもしれません。建売住宅を購入して欠陥があることが分かった場合にどうしたらよいのか、対処法をまとめてあります。 ...
欠陥住宅

欠陥住宅の見分け方とホームインスペクションの活用

欠陥住宅とは、住宅が本来備えていなければならない性能や機能が無いか、著しく低下しており、健康的で快適な生活を送ることのできない住宅を言います。 注文住宅、建売住宅、中古住宅、新築分譲マンション、中古マンション、住宅市場にはこのよう...
欠陥住宅

住宅会社と直接交渉する時の必勝法と注意点

欠陥住宅を建てた相手方と直接交渉して解決を図るという方法では、期限をあらかじめ自分なりに決めておくことが大事です。一定期間闘ってダメなら次の手を・・・と柔軟な姿勢が大切。 闘う相手の力を正確に分析して戦法を考える 直接交渉を...