不動産売買

重要事項説明

「生産緑地法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

生産緑地法は都市緑地法とも関連のある法律ですが、重要事項説明で説明義務が生じる市町村は限られています。首都圏、近畿圏、中部圏の大都市には生産緑地指定を受けている市街化区域内の農地がある場合があるので、必ずチェックしておく必要があります。...
重要事項説明

「古都保存法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

古都保存法は正式名称を「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」と言い、重要事項説明で説明すべき規定は第8条第1項の「特別保存地区内における行為の制限」です。 古都保存法第8条第1項の規定が以下です。 (...
業務や仕事

独学で宅地建物取引士の試験に合格する勉強法

宅地建物取引士の試験の合格率は15%ぐらいと言われています。簡単な国家資格でもないですが、極めて難しいというものでもないようです。宅建業に従事している人にとっては、是非とも取得したいと思っていることでしょう。日常の仕事も忙しい中、試験勉...
業務や仕事

相続する予定の土地や不動産を売買する手順と注意点

売買契約後に売主が亡くなった不動産の引渡しや、相続登記前の不動産を売却する時の手順と必要な書類の準備など、媒介業者が知っておきたい相続不動産の売買実務。司法書士に依頼する遺産分割協議書や相続登記の準備書類とは。
重要事項説明

電線が真上を通っている物件の売買契約の注意点

売却を依頼された不動産、査定の為の現地調査に出向くと、物件の頭上には送電線が横切っています。物件の価格にも影響がありますが、売買契約時の重要事項説明では外せないポイントです。高圧送電線に関する説明不足が原因で、紛争になった事例もあり...
業務や仕事

不動産流通機構(レインズ)を活用すると売却期間を短縮できる

不動産流通機構(レインズ)は宅建業者が会員となっている、不動産物件の流通ネットワークシステムです。 宅建業者間で物件情報の検索・閲覧・物件資料のダウンロードができ、売却依頼者(売主)も現在の取引状況を確認することができ、一時問題と...
業務や仕事

任意売却で債務整理ができる条件と媒介業者の役割

任意売却物件は相場価格よりも下回る価格で取引が成立することが多く、媒介業者にとっては短い活動期間での成約が見込め、効率のよい案件といえます。 任意売却で不動産を売却する人にとっても、競売に比べてメリットの多いこの方法を希望する人も...
登記と税金

譲渡所得税を算出する売買契約書などの保存期間と宅建業者の書類保存義務

不動産を売却した時に関係する税金は“譲渡所得税”です。売却によって所得(利益)があった場合には、所得税が課税されます。 逆に所得(利益)が無く損失があった場合には、課税はされず申告すら必要がありません。 所得があるか損失があるか...
重要事項説明

土壌汚染や地下埋設物など地歴調査が必要な売買契約と重要事項説明

不動産売買では地歴調査が必要な場合があります。 地歴調査とは対象となる土地の履歴、つまり取引される土地がこれまでどのように利用されていたか、利用の仕方によって土壌汚染や地下埋設物などがある可能性もあり、物件の引渡し完了後に重要事項...
重要事項説明

不動産売買契約の重要事項説明書に添付すべき書類とは

不動産売買契約の前に説明する重要事項説明書にはいくつかの添付書類があります。説明する項目に関連する詳細な参考資料や、買主の利用計画にとって必要な資料が含まれています。これらの添付書類について、取得方法や説明するポイントを解説します。...
重要事項説明

重要事項説明書に記載する「不動産の表示」の書き方

重要事項説明書の2ページには売買対象物件の表示を記載します。 基本的に登記事項証明書に基づいて記載するのですが、中には間違って記載されているものもあります。 ここでは「不動産の表示」について記載の仕方を説明しています。 土...
重要事項説明

土地の表示に記載すべき「仮換地」「保留地予定地」とは何か

重要事項説明書に記載する不動産の表示。土地の欄に「仮換地」と「保留地予定地」の記入欄があります。 宅地分譲が盛んに行われていた頃は、「仮換地」や「保留地予定地」はよく売買する対象になることも多かったのですが、新規の宅地開発が大幅に...
売買契約

契約違反があった場合に不動産売買契約を解除するには

不動産売買契約には6つの解約解除に関する取決めが書かれています。 手付解除、引渡し前の滅失・毀損による解除、契約違反による解除、反社会的勢力の排除による解除、融資未承認による解除、瑕疵担保責任による解除と6つのケースがあるわけです...
業務や仕事

販売活動を積極的にしない媒介業者を変更できるか

宅建業者と媒介契約を結び不動産の売却を依頼して2ヶ月、契約途中で業者の変更をしたいが、契約解除すると違約金や損害賠償などが怖くて困っています。こんなケースがたまにあります。不動産媒介契約の途中解除は可能でしょうか。 先日アップ...
物件調査

土地の査定価格を決める3つの地価と実際の売買価格

毎年3月末頃に新聞に掲載される公示地価。また下がったと嘆く人もいれば、もっと上がれと喜ぶ人もいます。 土地神話が過去のものになった今日ですが、土地の値段はやはり気になるものです。建物を購入するときも売却するときも、そして土地を購入...