土地

資産

相続した家の特別控除が拡大されて売りやすくなった-譲渡所得税の特別控除のまとめ

相続した家や土地の売却により譲渡所得税が課税される場合、3,000万円の所得控除の適用範囲が拡大しました。2019年4月1日から適用されています。他の譲渡所得控除の特例制度も併せて紹介します。
重要事項説明

「宅地造成等規制法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

取引をする土地が傾斜地であったり周辺が傾斜地や段差があるなど、災害が起きた時に土砂崩れなどの恐れがある地域は、法律により宅地造成工事に対して規制が設けられています。 ここでは「宅地造成等規制法」について重要事項説明で説明すべき内容につ...
法律

平成に生まれた「土地基本法」は令和に改正され新たな土地の基本理念を定める

平成元年に制定されて30年を経て新時代の幕開けと共に改正される法律があります。 土地の基本理念を定めた「土地基本法」です。 30年間の社会の変化を反映し、令和2年には大改正されることが予想されいます。 バブル経済を...
2019.05.18
重要事項説明

「新住宅市街地開発法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

住宅市街地の大規模開発を行うための根拠となった法律が「新住宅市街地開発法」です。 昭和30年代末~平成初期のバブル崩壊時期において、全国で展開された新住宅市街地開発事業、現在も規模は小さくなりましたが、住宅地の供給と市街地形成の手法と...
重要事項説明

「土地区画整理法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

土地区画整理事業中の不動産売買では、土地区画整理法による制限や規定の説明が必要です。 全147条まである分量の多い法律ですが、重要事項説明で必要な部分はわずかです。ここでは土地区画整理法の解説をします。 重要事項説明...
重要事項説明

電線が真上を通っている物件の売買契約の注意点

売却を依頼された不動産、査定の為の現地調査に出向くと、物件の頭上には送電線が横切っています。物件の価格にも影響がありますが、売買契約時の重要事項説明では外せないポイントです。高圧送電線に関する説明不足が原因で、紛争になった事例もあり...
重要事項説明

土壌汚染や地下埋設物など地歴調査が必要な売買契約と重要事項説明

不動産売買では地歴調査が必要な場合があります。 地歴調査とは対象となる土地の履歴、つまり取引される土地がこれまでどのように利用されていたか、利用の仕方によって土壌汚染や地下埋設物などがある可能性もあり、物件の引渡し完了後に重要事項...
重要事項説明

土地の表示に記載すべき「仮換地」「保留地予定地」とは何か

重要事項説明書に記載する不動産の表示。土地の欄に「仮換地」と「保留地予定地」の記入欄があります。 宅地分譲が盛んに行われていた頃は、「仮換地」や「保留地予定地」はよく売買する対象になることも多かったのですが、新規の宅地開発が大幅に...
資産

建蔽率緩和のある角地のメリットとデメリットを考えてみる

新築住宅を建てるための土地探し、お客さんからよさげな土地があったら紹介してほしいとよく頼まれることがあります。 希望の条件などをお聞きすると、いくつかの条件を言われますが必ず上がるのが“角地”です。しかも南東角地とか南西角地とか南...
新築住宅建設編

建築条件付き土地の契約と解除する方法やよくあるトラブルから見たデメリット

新築の住宅を手に入れる方法には、建売住宅を購入する方法と注文住宅を建てる方法があります。 自分の好みや家族の希望を叶えるために“注文住宅”を建てたいという人も多いはず。 注文住宅を建てるには敷地となる土地を持っていなければ建てら...
新築住宅建設編

建築条件付きの土地販売の将来性とビジネスチャンス

新築戸建て住宅の建設戸数がかつての勢いを大幅に減少させています。 特に注文住宅を建てようとする人が少なくなっている中で、新築需要を積極的に掘り起こそうという動きもあります。 新築住宅需要の多くを占める“一次取得者”にとって、マイ...
2018.04.18
新築住宅建設編

新築住宅の敷地にする土地の選び方と注意点について知ってほしいこと

初めて住宅を建てようとする人の場合、土地を持っていないケースがほとんどです。そこで、どのような家を建てるかの前に、どこに住もうか? ということの方がより重要なことと考えるパターンが多いようです。 本当は・・・土地よりも建物の方...
2018.04.18
新築住宅建設編

土地探しをあせってはいけない!

マイホームを建てる時に、土地を購入する分の資金は現金で用意する。という方はこの記事は読む必要は無いと思いますが、住宅ローンを使って土地も購入する方は必ず読んで下さい。 住宅ローンを使って土地を購入する一般的な方法 土地を探す...
2018.04.18
新築住宅建設編

建築条件付の土地を購入して注文住宅を建てるのはベターな方法なのか

宅地分譲のひとつのパターンとして建築条件付きという販売方法があります。土地の売買契約後、一定期間内に建築工事請負契約が成立することが条件です。 建築条件付土地につきものの不安点 いい土地があったけど、建築条件付!・・・さて、...