賃貸管理

空室対策

民泊と賃貸を迷っているなら試験的に1室を民泊にする方法

アパートの入居率が悪く “民泊”利用を考えている大家さん。 うまくいくのかどうか躊躇してなかなか計画が進まないとき、試験的に民泊活用をしてみる方法があります。 民泊の届出をまずやってみる 「民泊にしてうまく客が...
退去手続

入居者が亡くなり残置されている家具や家財をどうしたらよいのか?

高齢者や独り住まいの入居者が亡くなり、室内には家具や家財道具などたくさんの残置物が。保証人や親族に連絡が取れないときに、勝手に処分をすることもできません。入居者が亡くなったときに賃貸借契約はどうなるのかを解説します。
空室対策

終身建物賃貸借制度が改正され高齢者の入居促進がしやすくなった

高齢社会になり65歳以上が3割に近くなり、賃貸事業経営者にとっては“高齢者の入居”を積極的に図る必要が出てきます。高齢者が入居することに対しては、病気による長期の入院や突然の死亡といったことが、経営上のリスクになり“高齢者の入居”を躊躇...
退去手続

賃貸人から通知する契約解除の正当な事由と解除手続き

戸建住宅や分譲マンションの1室を、所有者の事情で賃貸物件に活用するケースは割と多くあると思います。 所有者の事情には転勤や住み替えなどがありますが、賃貸契約時にいつまで貸せるかがはっきりしない場合、普通建物賃貸借契約により契約をしてい...
賃貸借契約

大家さんの事情によって定期建物賃貸借契約を勧める理由

賃貸借契約の形式について、大家さんの都合によっては、通常使われる「普通建物賃貸借契約」よりも「定期建物賃貸借契約」のほうがよい場合があります。 ここでは「定期建物賃貸借契約」の場合の、入居者にとってのデメリットや契約書の内容について解...
家賃集金

賃料の支払い方法が前払いで一般化している理由はなにか

賃貸借契約にもとづく住宅の賃料支払いの時期は“翌月分賃料を当月末までに支払う”前払い方式になっていることが一般的です。俗にいう「前家賃」という方式ですが、賃貸人と賃借人の双方にとってどんなメリットやデメリットがあり、そもそも何故?前払い...
家賃集金

家賃滞納トラブル防止と契約解除の対処方法

入居者からの家賃が入金されていない、先月分もまだ未入金であり2ヶ月分の滞納になってしまう、そんな時どのように対応すべきか、賃貸管理の中でも最も大事な家賃管理について、民事訴訟の手続きや事例を含めて紹介します。 賃貸借契...
空室対策

トラブル続出のサブリース業界に必要なのは許可制度

レオパレス21の施工不良問題で国土交通省は、同様のビジネスモデルで事業を行っている賃貸不動産大手の実態調査を行う方針です。 建築基準法違反問題もさることながら、“サブリース”を前提としたビジネスモデルにこそ根本的な原因があり、賃貸管理...
入居審査

失敗しない入居審査の仕方は「入居理由(転居理由)」を重視する

入居審査をきちんとやったはずなのに、家賃は滞納し部屋の中はゴミだらけ、大家さんからは大クレームが来る。賃貸管理会社が行う入居審査はどんなことを、どこまで審査すべきか、実際に入居審査を行ってきた体験に基づいた審査の方法を解説します。 ...
2019.03.13
家賃集金

家賃保証会社とクレジット会社の家賃保証サービスの違い

賃貸管理で最も重要と言える“家賃”の管理。滞納家賃の増加は賃貸事業を失敗に導き、事業の断念、物件の売却、あるいは破産申立てなど、深刻な状態に発展するキッカケになります。空室の増加も危険ですがもっと危険なのが家賃の滞納です。 家賃の滞納...