契約

空室対策

終身建物賃貸借制度が改正され高齢者の入居促進がしやすくなった

高齢社会になり65歳以上が3割に近くなり、賃貸事業経営者にとっては“高齢者の入居”を積極的に図る必要が出てきます。高齢者が入居することに対しては、病気による長期の入院や突然の死亡といったことが、経営上のリスクになり“高齢者の入居”を躊躇...
退去手続

賃貸人から通知する契約解除の正当な事由と解除手続き

戸建住宅や分譲マンションの1室を、所有者の事情で賃貸物件に活用するケースは割と多くあると思います。 所有者の事情には転勤や住み替えなどがありますが、賃貸契約時にいつまで貸せるかがはっきりしない場合、普通建物賃貸借契約により契約をしてい...
賃貸借契約

大家さんの事情によって定期建物賃貸借契約を勧める理由

賃貸借契約の形式について、大家さんの都合によっては、通常使われる「普通建物賃貸借契約」よりも「定期建物賃貸借契約」のほうがよい場合があります。 ここでは「定期建物賃貸借契約」の場合の、入居者にとってのデメリットや契約書の内容について解...
家賃集金

賃料の支払い方法が前払いで一般化している理由はなにか

賃貸借契約にもとづく住宅の賃料支払いの時期は“翌月分賃料を当月末までに支払う”前払い方式になっていることが一般的です。俗にいう「前家賃」という方式ですが、賃貸人と賃借人の双方にとってどんなメリットやデメリットがあり、そもそも何故?前払い...
資産

不動産会社が倒産したら手付金はどうなるのか

建売住宅や分譲マンションそして中古住宅や中古マンション、売買契約時に支払う手付金。受領した不動産会社が引渡し前に倒産した場合、手付金はどうなるのでしょう。手付金保全措置がある場合と無い場合では結果が変わります。
2019.04.23
家賃集金

家賃滞納トラブル防止と契約解除の対処方法

入居者からの家賃が入金されていない、先月分もまだ未入金であり2ヶ月分の滞納になってしまう、そんな時どのように対応すべきか、賃貸管理の中でも最も大事な家賃管理について、民事訴訟の手続きや事例を含めて紹介します。 賃貸借契...
売買契約

第三者のためにする契約に書くべき特約条項の内容

平成17年に新しくなった不動産登記法により、これまで行われていた中間省略登記による売買が認められなくなり、平成19年1月12日から“新しい中間省略登記による売買”=第三者のためにする契約によって売買が行われるようになりました。 ...
2018.12.11
売買契約

買主の地位を譲渡する契約方式と第三者のためにする契約との違い

中間省略登記による新しい形態における特約条項の内容について「第三者のためにする契約に書くべき特約条項の内容」で先日記事を書きましたが、そこで簡単に触れた「買主の地位の譲渡契約」についてここでは少し解説しておこうと思います。 「...
売買契約

不動産売買契約と引渡・決済の望ましい場所はどこ?

不動産の売買は大きな金額の取引になります。契約や決済・引渡しを行う場所はどこでもよいということは無く、ケースバイケースで望ましい場所があります。売主や買主が遠方の場合にはどうするかということも考えなければなりません。ここでは、契約当...
業務や仕事

融資あっせんの有無とローン特約条項に係る媒介業者の責任

重要事項説明書に“融資のあっせん”について記載する項目があります。 “あっせん”とは「交渉や商売などで、間にはいって、両方の者がうまくゆくように取りはからうこと。また、物事を紹介し世話すること。」とされています。 一般的に不動産...
物件調査

売主の売却権限を確認する為の調査方法と騙されない為の対策

積水ハウスが不動産取引の詐欺に遭い、50億円もの大金を騙し取られたニュースは、まだ記憶に新しいものですが、不動産売買に関わる者にとって、売主と称する人が本当の売主なのか、本当だとしても売却権限のある人なのか、あるいは代理人と称する人...
法律

請負契約と売買契約との違いによって異なる契約条項の内容

住宅を取得する場合に、不動産会社や建設会社と契約を交わしますが、契約する対象や内容によって「工事請負契約」の場合と「不動産売買契約」になる場合があります。二つの契約の方法にはどんな違いがあるのか、まとめてみました。2020年から施行...
資産

建売住宅(分譲住宅)の購入・契約時にここだけは確認したいチェックポイント

建売住宅・・・分譲住宅とも云われますが、出来上がった住宅を購入しますので、間取りやプランなど検討することもなく、地鎮祭や上棟式といった儀式も無く、面倒な打ち合わせや、あれこれと内装の色や柄で悩む事もなく、手っ取り早く住宅を手にする方...
ただいま検討中の方へ

民法改正に伴う住宅関連法の改正概要

民法改正によって住宅関連の法律も改正されます。消費者保護の面もありますし、住宅会社の負担を軽減する面もあります。120年前に制定した民法を現代の社会通念に合致したものになりそうです。 住宅関連の法律改正の内容 住宅の新築工事...
建売住宅購入編

建売住宅を購入する時の価格交渉と値引き幅

どんな商品にも販売価格というものがあり、陰に隠れた値引き幅というものがあります。建売住宅・分譲住宅でも例外ではありません。建売住宅の価格構成と値引きの限度額を明らかにしてみようと思います。 建売住宅の価格はこうして決まる 一...