住宅の困りごと

空家と空地

空き家対策を相談できるサイトと相談の方法を一級建築士が解説

空き家の増加が社会問題となり、「空家等対策の推進に関する特別措置法」にもとづき所有者の管理責任が大きく問われています。地方自治体をはじめとして民間企業や団体も空き家解消に向けた活動を、活発にスタートさせました。 このページでは、空...
欠陥住宅

もしも買った建売住宅が欠陥住宅だったらどうしよう

欠陥住宅は注文住宅ばかりでなく建売住宅にもある可能性があります。 工事管理の方法によっては、注文住宅よりもむしろ多いかもしれません。建売住宅を購入して欠陥があることが分かった場合にどうしたらよいのか、対処法をまとめてあります。 ...
欠陥住宅

欠陥住宅の見分け方とホームインスペクションの活用

欠陥住宅とは、住宅が本来備えていなければならない性能や機能が無いか、著しく低下しており、健康的で快適な生活を送ることのできない住宅を言います。 注文住宅、建売住宅、中古住宅、新築分譲マンション、中古マンション、住宅市場にはこのよう...
欠陥住宅

地盤が沈下して傾いた家を直すアンダーピーニング工法

もしも家が傾いてしまったら 新築してからおよそ2年ぐらい経過したAさん宅。 道路側に家全体が傾いています。 何故?・・・・・ 地盤調査はしたのに! 地盤は問題ないと言っていたのに! 建築した会社に問い合わせて...
会社が倒産

工事中の倒産に備えて加入したい「完成保証」付き住宅瑕疵担保責任保険

瑕疵担保保険制度や完成保証など、保証保険によって万が一の場合の建て主保護が制度化されました。性能保証機関を上手に利用して住宅造りを成功させましょう。 住宅の保証制度が拡充されています 10年保証の第三者保証を行なっている保証...
会社が倒産

住宅会社が倒産しても被害を少なくする方法

工事請負契約における支払い条件に決まりはありません。支払い条件を出来高払いや後払いにすることが、万が一、住宅会社が倒産しても被害を少なくする方法です。 支払い条件によって被害が少なくなる 住宅会社が倒産していちばん困ることは...
会社が倒産

倒産パターンによって変わる対処方法

突然工事中の住宅会社が倒産した。建て主さんとしては驚天動地のできごとです。どうしたらよいのでしょう?まず、倒産のパターンを把握してそのうえで最善の方法を見つけ出さねばなりません。 倒産パターンと住宅工事の継続手段 前頁の表を...
会社が倒産

工事途中で倒産した会社の法的処理で起こる混乱

工事途中に会社が倒産するといろんな混乱がおきます。法的に処理を行う場合でも混乱は避けられません。いろんな情報が飛び交い、倒産会社に係わる人や会社がいろんな行動をとります。 法的処理中であっても安心はできません 法的処理は、裁...
会社が倒産

会社が倒産した場合のその後の処理

倒産といってもいくつかのパターンがあり、対処の方法もパターンによって変わります。住宅会社が倒産した場合には、どのパターンなのかをまず知ることが大切です。 会社倒産のパターン 会社が倒産するパターンとしては次のようなものがあり...
欠陥住宅

建築工事のトラブルを解決する裁判の問題点

欠陥住宅などの建築紛争の解決には、建築に関する専門的知識の無い裁判官や弁護士が相手ですから、一筋縄ではいかないところがあります。建築紛争裁判での注意点をお伝えします。 建築紛争裁判には専門的知識が必要 重大な瑕疵による損害賠...
欠陥住宅

住宅瑕疵担保責任保険は役に立つのか

10年保証がされていても施工会社が倒産してしまうと、なんにもならない保証制度でしたが、第三者保証が制度化されて少しは安心にはなりましたが、まだまだ問題はありそうです。 10年保証の裏付けを保険や供託金で確保する 平成21年1...
欠陥住宅

紛争解決の方向性を検討する手段のひとつは建設工事紛争審査会

欠陥住宅などのトラブルが発生したら、まず、都道府県の建設工事紛争審査会に相談するのもひとつです。ただし、根本的な解決を図るには物足りないのですが、最初のとっかりとしては一つの方法です。 全国にある建設工事紛争審査会 都道府県...
欠陥住宅

住宅会社と直接交渉する時の必勝法と注意点

欠陥住宅を建てた相手方と直接交渉して解決を図るという方法では、期限をあらかじめ自分なりに決めておくことが大事です。一定期間闘ってダメなら次の手を・・・と柔軟な姿勢が大切。 闘う相手の力を正確に分析して戦法を考える 直接交渉を...
欠陥住宅

我が家が欠陥住宅だとわかった時の対処方法

欠陥住宅だと判明したけれど、ではどうすればよいのか?初めての体験に何をどうしてよいのか戸惑うばかりです。建てた会社が素直に否を認めてくれるとよいのですが、そう簡単にはいきません。 欠陥住宅に対する4つの対処方法 欠陥住宅だ!...
欠陥住宅

誰も知らない欠陥住宅が生まれるワケ

欠陥住宅が生まれる背景と住宅産業の構造的欠陥 以前、耐震偽装事件というものがありました。 一級建築士が構造計算を偽造して建築確認を申請し、偽造がチェック出来ずに分譲マンションは完成し、多くの人が購入しました。後に偽造の事実が発覚...