債務整理

個人再生

個人再生の返済中に住宅ローンが払えなくなった

個人再生が認可されて返済計画にもとづき返済を行ってきたのに、収入の見通しが大幅に狂い返済が難しくなってきた場合、住宅ローンの返済を優先させるべきか、住宅ローン以外の返済を優先すべきか、個人再生を根本から見直さなければならない時の考え方を...
任意整理

貸している住宅の家賃が滞納になり住宅ローンが返せない

住宅ローンを借りて購入した住宅を賃貸に利用していたら、入居者の家賃滞納が始まり、住宅ローンの返済が難しくなりそうになってきた。このままでは自宅を手放すことにもなりかねない。こんなことにならない為の事前対策は何か。
自己破産

不動産の共有持分を差押えられると競売になる

住宅を夫婦や親子で共有しているケースは多いものです。共有名義人の片方が自己破産することになり、住宅ローンの残金はまだたくさんあって一括返済が不可能な場合、共有分を買取ることもできず、競売にかけられてしまいます。共有名義の住宅が差押えられた時の対処法を考察しています。
個人再生

代位弁済後でも可能な住宅資金特別条項の利用

「自宅を売らないで借金を整理する個人再生とは」で解説したように、“住宅ローン特例”を利用した個人再生だと、自宅を手放さずに借金の整理をすることができるのは分かりました。では、住宅ローンの延滞がつづき、いつまでならこの制度を使って自宅を守...
個人再生

自宅を売らないで借金を整理する個人再生とは

住宅ローンの返済が難しくなる原因として、住宅ローン以外の借金の増加があります。 マイカーローン、教育ローン、トラベルローン、メディカルローン、ショッピングクレジット、消費者金融、いつのまにか膨らんでいる借金返済に、生活が破たん寸前とい...
任意売却

固定資産税の滞納で差押それでも任意売却は可能?

住宅ローンの返済が滞ると固定資産税も滞納することがあります。固定資産税は市町村税なので、滞納している人と所有している住宅が簡単に紐づけできるので、差押えの登記が簡単に出来ます。任意売却をしようと思っているのに、市町村の差押があると大丈夫...
任意売却

任意売却で返済した住宅ローンの残った分はどうなるのか?

自宅を売却し受領した代金は債権者に全額渡して、住宅ローンの未返済分の一部を弁済するのが任意売却です。 ローンの未返済分の一部は弁済するのですが、必ず残ってしまう分があります。これを残債務と言います。 ここでは、任意売却が完了した後の...
自己破産

自己破産申立てから免責そして復権までの流れ

任意売却の後に残った債務の返済が難しい場合や、住宅ローン以外の負債の負担が多く、生活再建が難しい場合の選択肢として自己破産があります。“破産”という言葉の響きから感じるほど悲惨なものではなく、任意売却後の破産の場合は同時廃止となるので、...
自己破産

破産手続きの前に任意売却で自宅を売っておく方がよい理由

住宅ローン以外にも負債があり、自己破産せざるを得ないケースでは、任意売却で自宅を売る手間が面倒だし、どうせ家は手放すのだから同じことと考える人が多いのですが、破産では“競売”になってしまうことが多く、任意売却を事前に行う場合と比べると大...
任意売却

住宅ローンの滞納から任意売却の完了までに届く文書のいろいろ

住宅ローンが延滞する頃から届く金融機関等からの文書には、様々な種類のものがあります。 すべてが“ドキッと”するような書面ですが、手続きの上で欠かせない文書ですので、一応内容を確認し理解しておく必要のあるものです。 ここでは、それらの...