資産

資産

住宅やマンションの購入や新築とリフォーム工事をした時の減税制度

住宅の新築やリフォーム工事に使える補助金制度と共に、資金計画を考える上で無視できないのが税金の控除です。 主に所得税の控除が制度化されていますが、たくさんの種類があって分かりづらい面もあります。 平成30年度で利用できる住宅に係...
資産

マイホーム売却による税金を心配する前に譲渡所得税の特例を知っておこう

マイホームを売却した時に譲渡所得があれば、所得税が課税されますが特別控除があり、実際には税額は0となるケースがあります。 先日の売却事例をケーススタディとして、税額の計算と特別控除の実際をシミュレーションしてみます。 不動産...
資産

ZEHを超える次世代住宅「LCCM住宅」はどこまで普及するのだろう

標準的な新築住宅は2020年までに、そして2030年までには新築住宅の平均でZEHを目差すとしている日本です。 二酸化炭素の排出量削減は国際的に約束したことですが、ZEHを超える省エネ住宅「LCCM住宅」の普及がどの程度進んでいる...
資産

負動産を拒否できる相続放棄制度が生まれるかもしれない

地租改正が行われ土地の私有制度が始まったのが1873年のことです。およそ150年ほど前のことでした。 昨年は120年ぶりの民法改正が行われ2020年には新しい民法が施行されます。 今度は150年ぶりに、土地所有権の考え方が変わり...
資産

市街化調整区域の中古住宅は購入しても大丈夫なの住宅ローンは借りれるの

市街化調整区域は『住宅を建ててはいけない区域』とされているのですが、実際には市街化調整区域内に建つ中古住宅が販売されています。 市街化区域の物件に比較して割安のこともあり、希望している地域に近い市街化調整区域の物件は大変気になるも...
資産

中古住宅の耐震補強方法を5分で理解できるやさしい解説ページ

中古住宅の耐震補強について、そもそも「耐震診断」とか「耐震改修」とか、どんなことをやり、どんな費用がかかるのかについてお伝えするページです。 耐震診断と耐震補強工事を行う耐震改修の必要性 日本は誰もが知る“地震国”です。大き...
資産

「安心R住宅」制度で本当に安心して中古住宅・マンションが購入できるのか

2018年4月1日から中古住宅(中古マンション)に関する新しい制度がスタートします。 「特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度」というものですが、通称『安心R住宅』と言います。 どのような制度か、中古住宅・マンションの購入を考え...
資産

消費税10%への増税と住宅ローン減税や住まい給付金の変更点は

2019年10月の消費税増税は予定通り行われそうな流れになっています。 政府の最終的な判断はまだ先かもしれませんが、消費税が10%になることを想定して、戸建住宅や分譲マンション購入時の資金計画にどのような変化が生まれるのか見てみま...
資産

ランキング1位の建売住宅を購入する時の売買契約注意事項

年間着工戸数ランキングが常に上位に入るハウスビルダーを“パワービルダー”と言います。 ハウスメーカーと言わずにハウスビルダーと呼ばれる理由のひとつが、建てることに特化した会社の経営方針です。 パワービルダーの建てる住宅のほとんど...
資産

新築の建売住宅や中古住宅を購入する時には地盤調査報告書を手に入れよう

地盤調査は平成12年の建築基準法の改正により義務付けされました。建築確認申請時には「地盤調査報告書」を提出しています。つまり平成12年6月以降に確認済証が交付されている物件は地盤調査をしています。 新築の建売住宅はもちろんですが、...