スポンサーリンク

アンケートに素直に書くか書かないか、アンケートに記入をするとシツコクされるか

アンケート

住宅展示場などでは来場者にアンケートの記入を求められます。素直に住所や名前を記入する人もいれば、書かない人もいます。どちらが良いのかはそれぞれの判断ですが、記入する場合には参考にして下さい。

アンケートに記入をするとシツコクされるか

展示場やモデルハウスで書かせられるアンケート・・・・・本当の名前や住所を書くのをためらいます。
しつこく来るんじゃないか? 強引に契約させられるのではないか?

そこで、デタラメな住所を書くのもまた、ためらいがあるし・・・・・どうしよう?
こんな時、しつこくされないアンケートの記入方法があるのです。

何故、営業マンはしつこくするのか?

アンケートの記入方法をお伝えする前に、何故、営業マンはしつこくするのか?
を考えてみましょう。

アンケートに記入する時にこんなことを考えませんか?
今年中に建てるなんて書くと、しつこく来るんだろうな~
だから、2年以内・・・・・とか書いてしまうのです。これがしつこくされる理由です。

しつこくするのは、
本当の事がアンケートからでは分からないから!

本当の事が分からないから、分かるまでしつこく通い、本当に2年以内だ!と見極めがついたらしつこくしなくなってしまいます。

つまり、アンケートには本当のことを書けばよいのです!

アンケートには本当のことを書く

  • 住所や名前と連絡先
  • 家族構成や希望間取り
  • 建設予定地が決っているか
  • 予算と資金計画
  • 建設予定

などをアンケートには書くのですが、これだけでは本当のことはまだ書かれていません。
本当のことを書かせないようにアンケート用紙は作られています。
では、まだ書いていないホントウのこととは・・・・・

  • 突然の訪問はお断り
  • 連絡はメールか郵便で、電話はお断り
  • 資料は郵送で

この3つを、アンケート用紙の上でも下でも余白がありますから、書いておくのです。この3つは、あなたが思っている本当のことです。

ここまで書かれて、それでもなおシツコクするのは、お客さんに嫌われるだけですから、営業マンとしては出来ません。
もしも、突然訪問してきたら、断る立派な理由があるわけですから、堂々と玄関払いをしてもかまわないのです。

シェアする

フォローする