重要事項説明

重要事項説明

心理的瑕疵の告知義務についてどこまで調べて説明する必要があるのか

事故物件などの心理的瑕疵は契約解除や損害賠償請求を受ける原因になります。物件調査における媒介業者の責任は重く、入念な調査にもとづいた重要事項説明が必要。民法改正により買主の手段が拡大し心理的瑕疵は不動産売買で大きなリスクを抱える可能性が高く...
2019.10.31
重要事項説明

「都市公園法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

都市公園は全国各都市で整備されており、平成30年3月末現在109,229箇所、面積は126,332haに及んでいます。都市環境の改善と防災性の向上に役立っていますが、ここでは「都市公園法」について重要事項説明で説明すべき内容について解説...
重要事項説明

「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

老朽化するマンションが社会問題となってきており、建替えに関する法律の整備が進んでいます。分譲マンションの中古物件売買においては、「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」について重要事項説明時に説明する義務が生じるケースがあります。 ...
重要事項説明

「宅地造成等規制法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

取引をする土地が傾斜地であったり周辺が傾斜地や段差があるなど、災害が起きた時に土砂崩れなどの恐れがある地域は、法律により宅地造成工事に対して規制が設けられています。 ここでは「宅地造成等規制法」について重要事項説明で説明すべき内容につ...
重要事項説明

「農地法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

不動産取引において“農地”が対象不動産になることがあります。宅建業法では農地であっても、都市計画法で定める12種類の用途地域内にある土地の取引については“宅地”として扱い、宅建業法の適用を受けます。また、都市計画区域外の土地であっても、...
重要事項説明

「公有地の拡大の推進に関する法律」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

土地の取引に関し届出を義務づけしている法律として「国土利用計画法」はよく知られていますが、他にも届出を義務づけしている法律があります。 ここでは「公有地の拡大の推進に関する法律」について重要事項説明で説明すべき内容について解説します。...
重要事項説明

「住宅地区改良法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

住宅地区改良事業の施行区域では建築等の行為に対し制限があります。不動産取引の対象地が住宅地区改良事業施行区域である場合は、重要事項説明において制限の内容を説明する必要があります。 ここでは住宅地区改良事業の根拠である「住宅地区改良法」...
重要事項説明

「港湾法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

不動産取引において売買契約前の重要事項説明で、対象不動産が港のごく近くにある場合は、「港湾法」による制限を説明する必要があります。 港湾法の適用を受けるかどうかの調査の上、該当する場合の説明するポイントについて解説します。 ...
重要事項説明

ホームインスペクションの義務化と今後の課題

宅建業法にもとづく「建物状況調査(インスペクション)」が平成30年4月からスタートし、1年が経過しました。アメリカでは広く実施されているホームインスペクションを、日本でも普及していこうとの試みですが、残念ながら実施率が高まったという声は...
重要事項説明

「歴史まちづくり法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

日本には歴史上価値のある建物や、その周辺と一体となって形成された良好な市街地の環境があり、そのような歴史的風致の維持向上を図る為に制定されたのが「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(略称:歴史まちづくり法)です。ここでは...
重要事項説明

「密集法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律により、防災街区整備地区計画を定めた地区、及び防災街区整備地区計画の区域内では、土地や建物に関する制限があります。 また、避難経路協定が区域についての説明も必要となりました。 ここで...
2019.05.19
重要事項説明

「集落地域整備法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

農業の生産条件と居住環境の確保を整える目的で制定されたのが「集落地域整備法」です。 都市計画において集落地区計画に指定された地区内での土地や建物に関する制限があります。 ここでは「集落地域整備法」について重要事項説明において必要とさ...
重要事項説明

「沿道整備法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

騒音の激しい幹線道路沿いの市街地整備に関する法律が「沿道整備法」です。全国でこの法律が適用されている地区は少ないのですが、不動産の取引で対象不動産がこの法律の適用を受けている場合があります。ここでは「沿道整備法」に関する重要事項説明につ...
重要事項説明

「都市再開発法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

「市街地再開発事業」の根拠になる法律が「都市再開発法」です。昭和44年制定の法律ですが、規制市街地の再開発や再々開発を行う場合の法律で、現在もこの法律に基づいて再開発を行う自治体もあります。ここでは不動産売買における重要事項説明に際し、...
重要事項説明

「流通業務市街地整備法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

不動産の売買契約前に行う重要事項説明で説明すべき法令として定められている「流通業務市街地整備法」。同法にもとづいて流通業務市街地を整備した地区が全国に43ヶ所あります。該当する都市において、対象となる物件の取引がある場合は、制限の内容を...