住まい思考一覧

請負契約と売買契約との違いによって異なる契約条項の内容

住宅を取得する際に行う契約。注文住宅を建てる場合と、建売住宅や分譲マンションを購入する場合とでは、締結する契約の種類が異なります。工事請負契約と不動産売買契約とではどのような違いがあり、消費者の立場からどのようなポイントに注意しなければならないまとめてあります。

市街化調整区域の中古住宅は購入しても大丈夫なの住宅ローンは借りれるの

市街化調整区域の中古住宅、本来、家が建っていてはいけない地域に建ってる住宅を購入しても大丈夫なのか。家を建ててはいけない地域ですが、実は例外があって、特別に許可を受けて建てた住宅があります。値段が安いとか税金が安いとか市街化区域の住宅よりもお得な面もたくさんあります。住宅ローンも取り扱う金融機関があるので、市街化区域の物件と同じように考えていいと思います。

中古住宅の耐震補強方法を5分で理解できるやさしい解説ページ

中古住宅を購入したり築年数がかなり経過した住宅に住んでいる場合“耐震補強”という言葉を聞くたびに気になります。耐震補強とは地震に強い住宅に改修することですが、費用はかかるし本当に必要かどうかが分からないということもあります。耐震診断と耐震補強をやさしく解説したい思います。