資産

空き家を民泊に活用するメリットとデメリットを賃貸と比較してみる

2018年1月から施行された「住宅宿泊事業法」。民泊届け件数が1万3千件を超えていますが(2019年2月15日)、空き家を民泊に活用するメリットはあるのか、賃貸と異なりどのようなリスクがあるのか、空き家活用の検討に欠かせない「賃貸vs民...
2019.06.29
防災

太陽光発電買取り制度(FIT)廃止により生まれる問題は何か

太陽光発電買取り制度(FIT)の廃止により、稼働停止する発電設備の増加は自然災害による被害を増大させる危険性をはらんでいます。設置するために制度化された補助金、太陽光パネルの撤去にも補助金が必要になる。
法律

平成30年6月27日公布の改正建築基準法は令和元年9月25日から施行です

令和元年に施行される改正建築基準法は9月25日から、住宅に関係する改正点をまとめました。注目点は木造建築物の防火性の評価と、密集市街地での防火性能向上により建蔽率アップ。既存の住宅や共同住宅をグループホームに用途変更する条件も緩和された...
資産

相続した家の特別控除が拡大されて売りやすくなった-譲渡所得税の特別控除のまとめ

相続した家や土地の売却により譲渡所得税が課税される場合、3,000万円の所得控除の適用範囲が拡大しました。2019年4月1日から適用されています。他の譲渡所得控除の特例制度も併せて紹介します。
資産

親から相続した古家の売却で支払う譲渡所得税の計算

相続で取得した古い住宅、税金とかあまりかからずに上手に売る方法がないだろうか。 こんな悩みを持っている人も多いのでは。 ここでは、古い住宅を売却した時に税金がいくらになるかを考えてみます。 住宅を含めた不動産には売...
2019.06.16
中古住宅購入編

得した人がやっている中古住宅の掘出しモノを買う方法とは

不動産会社から中古住宅の情報を紹介してもらうとき、少しの工夫でより条件に合った情報が集まるようになります。築年数が新しい、価格が安い、立地条件が最高、誰もが希望する条件を満たしてくれる「掘出しモノ」を探す方法をお教えします。
2019.06.14
中古住宅購入編

掘出し物の中古住宅を買える人はごくわずか

中古住宅を探すとき誰もがやってる方法が、ポータルサイトから物件をみつけて、扱ってる不動産会社にコンタクトを取る。こんな流れですが、不動産会社とのつき合い方を工夫すると、とんでもない掘出し物件を紹介してもらえる方法があるのです。
2019.06.14
退去手続

入居者が亡くなり残置されている家具や家財をどうしたらよいのか?

高齢者や独り住まいの入居者が亡くなり、室内には家具や家財道具などたくさんの残置物が。保証人や親族に連絡が取れないときに、勝手に処分をすることもできません。入居者が亡くなったときに賃貸借契約はどうなるのかを解説します。
空室対策

終身建物賃貸借制度が改正され高齢者の入居促進がしやすくなった

高齢社会になり65歳以上が3割に近くなり、賃貸事業経営者にとっては“高齢者の入居”を積極的に図る必要が出てきます。高齢者が入居することに対しては、病気による長期の入院や突然の死亡といったことが、経営上のリスクになり“高齢者の入居”を躊躇...
重要事項説明

「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

老朽化するマンションが社会問題となってきており、建替えに関する法律の整備が進んでいます。分譲マンションの中古物件売買においては、「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」について重要事項説明時に説明する義務が生じるケースがあります。 ...
重要事項説明

「宅地造成等規制法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

取引をする土地が傾斜地であったり周辺が傾斜地や段差があるなど、災害が起きた時に土砂崩れなどの恐れがある地域は、法律により宅地造成工事に対して規制が設けられています。 ここでは「宅地造成等規制法」について重要事項説明で説明すべき内容につ...
重要事項説明

「農地法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

不動産取引において“農地”が対象不動産になることがあります。宅建業法では農地であっても、都市計画法で定める12種類の用途地域内にある土地の取引については“宅地”として扱い、宅建業法の適用を受けます。また、都市計画区域外の土地であっても、...
退去手続

賃貸人から通知する契約解除の正当な事由と解除手続き

戸建住宅や分譲マンションの1室を、所有者の事情で賃貸物件に活用するケースは割と多くあると思います。 所有者の事情には転勤や住み替えなどがありますが、賃貸契約時にいつまで貸せるかがはっきりしない場合、普通建物賃貸借契約により契約をしてい...
重要事項説明

「公有地の拡大の推進に関する法律」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

土地の取引に関し届出を義務づけしている法律として「国土利用計画法」はよく知られていますが、他にも届出を義務づけしている法律があります。 ここでは「公有地の拡大の推進に関する法律」について重要事項説明で説明すべき内容について解説します。...
重要事項説明

「住宅地区改良法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

住宅地区改良事業の施行区域では建築等の行為に対し制限があります。不動産取引の対象地が住宅地区改良事業施行区域である場合は、重要事項説明において制限の内容を説明する必要があります。 ここでは住宅地区改良事業の根拠である「住宅地区改良法」...