中古住宅購入編

中古住宅の消費税について誤解してることを解説

消費税が10%に上がり重税感が増してきます。巷間「個人が売主の中古住宅に消費税はかからない」といわれ、あたかも消費税のかかる業者売主の中古住宅が高くなる印象があります。 しかしこれは大いなる誤解であって、売主が業者であっても個...
中古住宅購入編

リフォーム済中古住宅の購入にホームインスペクションは有効?

建物状況調査(ホームインスペクション)について重要事項説明で説明すべき項目に追加されて1年が経過しました。ホームインスペクションの実施率はあまり高くなってはいないようですが、リフォーム済物件でもホームインスペクションができるのか? と疑問を...
資産

住宅診断(ホームインスペクション)を依頼する方法と注意したい問題点

中古住宅を診断するホームインスペクションとは 中古住宅の購入を検討している時点で、専門家に検討している物件の調査や点検をしてもらい、欠陥や不具合が無いか、どの程度の不具合や劣化が進んでいるかなど、購入希望の方に代わって物件の診断を...
2019.08.29
中古住宅購入編

リフォーム済中古住宅は購入する前にデメリットを理解して慎重に判断する

リフォーム済中古住宅を検討する場合、デザインや住宅設備などに目がいきますが、購入するかしないかの判断にはもっと別の視点で検討すべきです。あと何年住めるのか? 寿命はどのくらいあるのか? 耐震性能は大丈夫か? 省エネルギー性能はどうなのか? ...
空室対策

トラブル続出のサブリース業界に必要なのは許可制度

サブリースを取り巻く諸問題の解決には「大手賃貸住宅供給事業者の品質管理」実態調査から漏れるサブリース業者の行政指導こそ必要であり、その上で許可制度の創設を主張する理由を解説します。
2019.08.18
空家と空地

空き家対策を相談できるサイトと相談の方法を一級建築士が解説

空き家の増加が社会問題となり、「空家等対策の推進に関する特別措置法」にもとづき所有者の管理責任が大きく問われています。地方自治体をはじめとして民間企業や団体も空き家解消に向けた活動を、活発にスタートさせました。 このページでは、空...
防災

自然災害による住宅被害を救済する公的支援制度の種類

地震、台風、洪水、地滑りなど自然災害が頻繁におき、住宅に係る被害の規模が大きくなる傾向があります。甚大な被害に見舞われたときに受けられる公的な支援についてまとめました。万一災害による被害に遭ったときの参考にしてください。 支援の相談は...
重要事項説明

「都市公園法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景

都市公園は全国各都市で整備されており、平成30年3月末現在109,229箇所、面積は126,332haに及んでいます。都市環境の改善と防災性の向上に役立っていますが、ここでは「都市公園法」について重要事項説明で説明すべき内容について解説...
空室対策

デュアルライフ対応物件が賃貸事業に新しいカテゴリーを生む

生活形態の多様化を物語るような現象が増えています「二拠点生活(デュアルライフ)」。いわゆる “デュアラー” からの発信が多くみられますが、賃貸事業のひとつのカテゴリーとしても注目すべきではないかと思います。 空き家の増...
中古住宅購入編

中古住宅の値引きはどこまで可能か~不動産売買の交渉術

中古住宅を購入しようと申込をする時に、200万円も300万円も値引き要求をする人がいたり、『値引きって出来るんですか?』と、遠慮がちに聞く人もいます。 中古住宅の売買価格は、売主・買主の双方が納得した金額で決定されます。時には販売価格より...
2019.07.20
新築住宅建設編

工事監理の必要性と第三者監理が求められる理由

住宅の新築工事に必要な工事監理者。その存在は設計者に比べてあまり知られていません。工事監理者は設計者が兼ねることもあれば、設計者と異なる建築士が務めることもあります。ここでは工事監理者について解説します。
2019.07.17
中古住宅購入編

中古住宅の購入と売却で買主・売主が負担する諸費用が一覧でわかる

中古住宅の売買ではいろいろな費用がかかります。それらを一括りで “諸費用” とか “諸経費” といいますが、購入する買主さんが負担する費用と売主さんが負担する費用があります。この記事はそれらの諸費用をひと目でわかるようにしました。 ...
2019.07.16
法律

容積率の緩和と建蔽率の緩和を受けられる条件

建築基準法や都市計画法には、住宅を建てる際のいろんな規制が定められています。 特に面積に関する規制については、専門家でなくても分かりやすい面があり、よく知られていることですが、容積率・建蔽率の緩和規定となると、いまいちよく分からな...
2019.07.12
物件調査

所有権移転の権利行使を阻害する一切の負担の消除とは

所有権移転を阻害する一切の負担を消除する義務は売主にあります。引渡しまであるいは引渡しと同時にこれら権利の抹消登記をしなければならず、媒介する宅建業者は媒介業務開始と同時にこれら権利の解除について調査が必要です。
2019.07.12
空室対策

民泊と賃貸を迷っているなら試験的に1室を民泊にする方法

アパートの入居率が悪く “民泊”利用を考えている大家さん。 うまくいくのかどうか躊躇してなかなか計画が進まないとき、試験的に民泊活用をしてみる方法があります。 民泊の届出をまずやってみる 「民泊にしてうまく客が...