新着記事一覧

新着記事

中古住宅を購入するときに支払う手付金の役割とは?
中古住宅購入で見落としがちな注意点を一級建築士が徹底解説
中古住宅を購入するなら築年数は何年までなら大丈夫?
中古住宅の消費税について誤解してることを解説
リフォーム済中古住宅の購入にホームインスペクションは有効?
リフォーム済中古住宅は購入する前にデメリットを理解して慎重に判断する
空き家対策を相談できるサイトと相談の方法を一級建築士が解説
自然災害による住宅被害を救済する公的支援制度の種類
「都市公園法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
デュアルライフ対応物件が賃貸事業に新しいカテゴリーを生む
民泊と賃貸を迷っているなら試験的に1室を民泊にする方法
太陽光発電買取り制度(FIT)廃止により生まれる問題は何か
平成30年6月27日公布の改正建築基準法は令和元年9月25日から施行です
相続した家の特別控除が拡大されて売りやすくなった-譲渡所得税の特別控除のまとめ
入居者が亡くなり残置されている家具や家財をどうしたらよいのか?
終身建物賃貸借制度が改正され高齢者の入居促進がしやすくなった
「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「宅地造成等規制法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「農地法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
賃貸人から通知する契約解除の正当な事由と解除手続き
「公有地の拡大の推進に関する法律」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「住宅地区改良法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「港湾法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
ホームインスペクションの義務化と今後の課題
「歴史まちづくり法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
大家さんの事情によって定期建物賃貸借契約を勧める理由
マンションの管理不全を防げるか~管理組合の認証制度が誕生
「密集法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
賃料の支払い方法が前払いで一般化している理由はなにか
「集落地域整備法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
家賃滞納トラブル防止と契約解除の対処方法
トラブル続出のサブリース業界に必要なのは許可制度
「沿道整備法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
大工不足のリフォーム業界は2030年を切り抜けられるか
「都市再開発法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
平成に生まれた「土地基本法」は令和に改正され新たな土地の基本理念を定める
市街化調整区域で建築が許可される要件とは何か
「流通業務市街地整備法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「近畿圏の近郊整備区域及び都市開発区域の整備及び開発に関する法律」についての重要事項
「首都圏の近郊整備地帯及び都市開発区域の整備に関する法律」に関して説明すべき重要事項について
「旧市街地改造法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「新都市基盤整備法」に関して説明すべき重要事項について
「新住宅市街地開発法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「被災市街地復興特別措置法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
地方拠点都市地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律の重要事項説明
大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法の重要事項説明
「土地区画整理法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「景観法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「特定空港周辺特別措置法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「生産緑地法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「都市緑地法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
「古都保存法」に関して説明すべき重要事項と法律の背景
リフォーム業者を選ぶなら建設業許可の無い業者でも大丈夫か
家賃保証会社とクレジット会社の家賃保証サービスの違い
リフォーム工事の見積りは複数社から取る相見積もりで
失敗しないリフォーム会社の選び方
失敗しない入居審査の仕方は「入居理由(転居理由)」を重視する
独学で宅地建物取引士の試験に合格する勉強法
手付金の意味と手付金保証制度と手付金保管制度の違い
相続する予定の土地や不動産を売買する手順と注意点
30年後に後悔しないマンション購入のチェックポイント
外壁の防火基準に関する性能は外壁材と内壁材の組み合わせで決まる
工事監理の必要性と第三者監理が求められる理由
建築確認制度の限界が見えたレオパレス21の違法建築とあの耐震偽装事件
個人再生の返済中に住宅ローンが払えなくなった
貸している住宅の家賃が滞納になり住宅ローンが返せない
不動産の共有持分を差押えられると競売になる
代位弁済後でも可能な住宅資金特別条項の利用
自宅を売らないで借金を整理する個人再生とは
固定資産税の滞納で差押それでも任意売却は可能?
任意売却で返済した住宅ローンの残った分はどうなるのか?
自己破産申立てから免責そして復権までの流れ
破産手続きの前に任意売却で自宅を売っておく方がよい理由
電線が真上を通っている物件の売買契約の注意点
住宅ローンの滞納から任意売却の完了までに届く文書のいろいろ
任意売却の流れと引越しまでのスケジュール
任意売却と競売にはどんな違いがあるのか
不動産流通機構(レインズ)を活用すると売却期間を短縮できる
住宅ローンの返済が滞るようになったら考えたい任意売却
任意売却の交渉相手は求償債権を持っている保証会社とサービサー
滞納履歴が信用情報に登録されると任意整理は難しくなる
リスケジュールで返済方法を見直してみる
任意売却で債務整理ができる条件と媒介業者の役割
共有名義の持分割合の決め方と住宅所得控除の限度額
譲渡所得税を算出する売買契約書などの保存期間と宅建業者の書類保存義務
土壌汚染や地下埋設物など地歴調査が必要な売買契約と重要事項説明
不動産売買契約の重要事項説明書に添付すべき書類とは
重要事項説明書に記載する「不動産の表示」の書き方
土地の表示に記載すべき「仮換地」「保留地予定地」とは何か
建蔽率緩和のある角地のメリットとデメリットを考えてみる
ローン特約条項があっても白紙解除できない買主の責任
契約違反があった場合に不動産売買契約を解除するには
不動産売買契約書を作成する時の手付解除期限の考え方
販売活動を積極的にしない媒介業者を変更できるか
土地の査定価格を決める3つの地価と実際の売買価格
売主さんも注意したい媒介契約違反で請求される違約金
火災警報器のついてない中古住宅は買わない方がよいか買うべきか
買主の地位を譲渡する契約方式と第三者のためにする契約との違い
第三者のためにする契約に書くべき特約条項の内容
住みたい街ナンバー1の横浜市だけど住むならどこがいいのだろう~生活危険度を知っておこう
忘れない為の宅地建物取引業者の免許更新手続きのメモ
不動産売買契約と引渡・決済の望ましい場所はどこ?
心理的瑕疵の告知義務についてどこまで調べて説明する必要があるのか
融資あっせんの有無とローン特約条項に係る媒介業者の責任
検査済証のない物件の説明を省略すると説明義務違反に
電池による火災事故と火災を防ぐ為の電池の知識
売主の売却権限を確認する為の調査方法と騙されない為の対策
所有権移転の権利行使を阻害する一切の負担の消除とは
不動産取得税の軽減制度が適用できる場合の必要条件
地目変更登記が必要になった場合の媒介業者の役割
大和ハウス工業は取引先の経営環境改善の為手形決済を全廃する対応
セキスイハイムの調査研究機関「住環境研究所」内に設置された「生涯健康脳住宅研究所」とは
売主は境界を明示して土地の測量図を買主に引渡さなければならない
買主が宅建業者の場合は重要事項の説明は不要だが買主の取引士の記名押印は37条書面に必要
売主が業者の場合に買主が反社であった場合の損害金には制限がある
千葉市に家を建てるなら美浜区ただし杭工事必須~生活危険度を知っておこう
大和ハウスのミゼットハウスの技術は現在の「xevo(ジーヴォ)」にまでつながっていた
4年連続ウッドデザイン賞を受賞した積水ハウスの作品
積水ハウスのスローリビングは建築界にあった概念を科学的に実証したもの
さいたま市に住むなら公園の多い西区がおすすめ~生活危険度を知っておこう
仙台市に住むなら泉区がいいかも~生活危険度を知っておこう
札幌市に住むなら“なに区”がよいか~生活危険度を知っておこう
住宅ローンの審査が通らない理由とその時の対処方法
賃貸物件でも使える間仕切り収納をDIYで造作した実例
横浜市が行っている住宅に関する補助金や助成金
収納スペースが足りない時はトランクルームをレンタルする
住宅やマンションの購入や新築とリフォーム工事をした時の減税制度
マイホーム売却による税金を心配する前に譲渡所得税の特例を知っておこう
分かりづらい住宅の新築工事やリフォーム工事に使える補助金が5分で理解できるページ
収納スペースの効率的な利用によってより快適な住まいが実現する
イラストのような背景に文字を乗せたDVDラベルを作成する
ZEHを超える次世代住宅「LCCM住宅」はどこまで普及するのだろう
空き巣対策のホームセキュリティで空き家管理ができる
首都圏や近畿圏にも広がる家事代行サービスは家政婦紹介所と何が違うのか
建売住宅を購入する時の注意点~物件選びから引渡しまで
もしも買った建売住宅が欠陥住宅だったらどうしよう
負動産を拒否できる相続放棄制度が生まれるかもしれない
転職後のサラリーマンや会社役員・自営業者が借りられる住宅ローンはフラット35
耐震性能を高めるリノベーションの手順と注意したいポイント
建築条件付き土地の契約と解除する方法やよくあるトラブルから見たデメリット
欠陥住宅の見分け方とホームインスペクションの活用
中古住宅を買ってリフォームする費用とリフォーム済の中古住宅を買うか~どっちがお得
請負契約と売買契約との違いによって異なる契約条項の内容
中古住宅の瑕疵担保責任と既存住宅売買瑕疵保険の活用方法
市街化調整区域の中古住宅は購入しても大丈夫なの住宅ローンは借りれるの
中古住宅の耐震補強方法を5分で理解できるやさしい解説ページ
地盤が沈下して傾いた家を直すアンダーピーニング工法
「安心R住宅」制度で本当に安心して中古住宅・マンションが購入できるのか
消費税10%への増税と住宅ローン減税や住まい給付金の変更点は
ランキング1位の建売住宅を購入する時の売買契約注意事項
新築の建売住宅や中古住宅を購入する時には地盤調査報告書を手に入れよう
住宅診断(ホームインスペクション)を依頼する方法と注意したい問題点
焦って住宅購入をしてしまい失敗する人の原因と注意点
新築の分譲住宅や分譲マンションを選ぶ優先順位の考え方
分譲マンションに資産価値はあるのか疑問に思う時
競売に参加して住宅を割安な価格で取得する方法
分譲マンションの建替えに必要な条件と建替の可能性
建売住宅(分譲住宅)の購入・契約時にここだけは確認したいチェックポイント
中古住宅と中古マンションの購入時に注意してほしい4つポイント
工事中の倒産に備えて加入したい「完成保証」付き住宅瑕疵担保責任保険
住宅会社が倒産しても被害を少なくする方法
倒産パターンによって変わる対処方法
工事途中で倒産した会社の法的処理で起こる混乱
会社が倒産した場合のその後の処理
建築工事のトラブルを解決する裁判の問題点
住宅瑕疵担保責任保険は役に立つのか
紛争解決の方向性を検討する手段のひとつは建設工事紛争審査会
住宅会社と直接交渉する時の必勝法と注意点
我が家が欠陥住宅だとわかった時の対処方法
誰も知らない欠陥住宅が生まれるワケ
2020年には本格化するIoT住宅を使いこなす為の必須知識
民法改正に伴う住宅関連法の改正概要
欠陥住宅を購入しないための建売住宅の選び方
建売住宅を購入する時の価格交渉と値引き幅
建売住宅のアフターサービス裏事情
建売住宅は「家に合わせて生活をする」がモットー
建売住宅を購入する為の申込証拠金は手付金とは異なる
建売住宅の販売に係わる不動産会社の立場は販売代理か媒介か
不動産売買契約で行われる重要事項の説明とは
建築条件付の土地を購入して注文住宅を建てるのはベターな方法なのか
注文住宅の平均坪単価とハウスメーカーの住宅価格の決まり方
住宅工法はどう選ぶとよいのか構造方式の選び方と注意点
新築住宅の計画で最も大事なのはプランニング
設計事務所に新築住宅を依頼するパターン
工務店に新築住宅を依頼して建てる時の注意点
ハウスメーカーで新築住宅を建てる時の選び方と注意点
購入を決める前に点検したい中古住宅の耐久性と内覧で点検するポイント
中古住宅購入時の住宅ローン選択の考え方とポイント
一級建築士が行う中古住宅点検サービス
中古住宅の購入と売却で買主・売主が負担する諸費用が一覧でわかる
中古住宅のリフォーム費用を概算で知りたい
競売の中古住宅を住宅ローンを借りて購入するには
絶対に買ってはいけない中古住宅
中古住宅の値引きはどこまで可能か~不動産売買の交渉術
得した人がやっている中古住宅の掘出しモノを買う方法とは
掘出し物の中古住宅を買える人はごくわずか
欠陥の無い建売住宅を購入する為に広告チラシの正しい読み方を知っておこう
工事担当は本当に現場を管理しているか
職人さんへお茶やおやつを持っていくのは・・・
住宅の工事中に変更はできないのか
あなたがもらったプランは10分プランかも知れない
第三者の建築士に監理を依頼する方法~住宅会社に任せきりにしない第三者監理とは
契約が終わると顔を見せない営業マン
メーターモデュールの坪単価はあてにならない
アンケートに素直に書くか書かないか、アンケートに記入をするとシツコクされるか
建設工事のトラブルを解決する方法と注意点~弁護士だってビジネスです
工事代金を払わないと裁判をおこされるが訴訟の最終ゴールは和解
自分でやれば裁判費用は安いもの
簡単なるほど自分で出来る住まいのメンテナンス
もう訪問販売には騙されない~訪問販売業者の手口にうっかり乗らない為に
大予測-30年後の住宅の寿命は100年~200年になる
減税制度を利用した賢いリフォーム
長持ちする住宅-生活の仕方で住宅の寿命は変わります
住宅の健康状態をチェックするハウスドクター
一戸建て住宅の長期修繕計画を立てる
一軒まるごとリフォームの見積りを依頼するときに注意したいポイント
地方都市の市街地に建つ築30年の住宅を売却するか持ち続けるか
システムキッチンのワークトップの選び方とキッチンリフォーム
住宅ローンの仕組みとローン選択時のチェックポイント
住宅ローンを借りる時にチェックしたい返済計画と選び方
住宅ローンを滞納した時に絶対やってはいけないこと
住宅ローンの金利タイプは金利の変動を考慮して選ぶ
住宅を買ったり建てたりする時に必要な費用(諸経費)
返済額だけでは比較できない住宅ローン
繰り上げ返済で借入元金を減らすリスクマネジメント
住宅ローンを借りる時の保証料とはどんな費用なの
住宅ローンの返済がもしも出来なくなったらどうするか
プレハブ住宅と在来工法住宅の違いを縮める工業化率のアップ
フロアコーティングなど床のメンテナンスで感じること
雨漏れの修繕はどこまで要求できるのか「瑕疵保険」の免責事由を検証してみた
地震保険の保証内容が改訂され損害の判定が4段階に変わった
マンション選びの時に必ずチェックしたいポイントは「空き家リスク」
シックハウス症候群の思わぬ原因とアルカン類濃度軽減対策
新築でも中古でも一番困っているのは戸建のメンテンナンス
建築条件付きの土地販売の将来性とビジネスチャンス
ZEH住宅を建てる最適なタイミングを考えてみよう
リースバックのメリット・デメリットとリバースモーゲッジとの違い
住宅のフルリフォーム、成功と失敗はリフォーム業者を選んだ時に決まる
賃貸マンションをホテルにリノベーションするのは賢い方法
高気密・高断熱のしくみと正しい省エネルギー住宅とは
新築住宅の敷地にする土地の選び方と注意点について知ってほしいこと
工事会社が倒産しても安心できる工事代金の支払方法
新築する時には取り入れたい地震対策は制振装置
新築住宅の工事工程を工法別に比較してみると特徴が分かりやすい
新築住宅を建てるならハウスメーカーと工務店どちらがよいか
ガスを使った発電システム エネファームとエコウィルの違い
耐震性能に反映したいキラーパルスによる建物倒壊のメカニズム
民泊を禁止する分譲マンションがほとんどとのデータが発表されたが無回答の疑問が残る
住宅リフォームで忘れてはならない二つの原則
ハウスメーカーの信頼できる住宅営業担当者に出会うには(2)
ハウスメーカーの信頼できる住宅営業担当者に出会うには(1)
マイホームの計画が失敗してしまう原因の多くは業者側
契約違反と言いたくなるような工事会社の姿勢に呆れてしまう
住宅産業はクレーム産業と言われる原因を分析する
工事が始まると忙しいもの打合せ通りに現場は進んでいるのか確認も
マイホームの計画がほとんど出来上がってくると、いよいよ工事契約
プランニングがつまってくると概算見積もりなど費用の概算をする
マイホーム計画の第一歩は情報を集めることからスタート
ハウスメーカーって値引きをしてくれるの?
注文住宅を依頼するなら建築家や設計事務所に
地域のビルダーや工務店に注文住宅を頼む方法
マイホームの成否を分けるハウスメーカー選び
家を建てるなら希望通りの注文住宅を建てたい時に読むコラム
土地探しをあせってはいけない!
戸建の修繕積立金をポイントで貯める積立金制度
屋根の葺き替えは何がいい?屋根のリフォームの基本的な考え方
壁紙クロスの選び方~内装工事の金額とクロスの種類
内装リフォームには自然素材をふんだんに使いたい
自然素材にこだわった内装リフォームならDIYで塗る珪藻土
床のリフォームで使いたい無垢材のフローリングは高くない
コーキングは誰でも簡単に打てます~コーキングの打ち方を伝授
増築後の不具合は構造方式の違いによって起る~混構造の危険性
住宅リフォームがしやすい構造と工法のいろいろ
古民家リフォームのポイントは構造上のしくみが異なる点
2階にリビングがある間取りを逆転プランと言います
間違った外壁リフォームが耐久性能を低下させる
住宅の表情をシャープなデザインに変えるガルバリウム鋼板の外壁
金額がかさむ外壁リフォーム デザイン重視か耐久性重視か
外壁の補修にダイノックフィルムを使ってみたら意外といい感じ
建築環境と省エネルギー政策に対する取組を知っておこう
家を建てる時には住宅プロデューサーになって下さい
容積率の緩和と建蔽率の緩和を受けられる条件
空家をリフォーム工事後に売却するなら“自分が住みたい家にリフォーム”すべし
水害に強い家を造るなら基礎断熱に土間コンクリートの住宅
隣との境界に塀を造る際に注意したい法律上の知識
通気層を伝わる火炎によって上階に延焼する現象を防止するには
建築基準法に違反している違法建築と既存不適格建築はここが違う
親から相続した古家の売却で支払う譲渡所得税の計算
燃えやすいと思われる木造建築の防火性を高める方法
不動産会社が倒産したら手付金はどうなるのか
金属製サイディングの防火性能は表装火災を防げるか
平成12年5月以前の新耐震基準木造住宅の危険性を検証する
空き家を民泊に活用するメリットとデメリットを賃貸と比較してみる
住宅ローンの本審査後に失職した場合は融資を受けずに契約解除するのが常道
住宅用火災警報器が「eCall」のようなものになると防災効果が上がる